Lyricist: Sorao Mori、Tomohisa Sako   Composer: Sorao Mori、Tomohisa Sako

作词:Sorao Mori、Tomohisa Sako
作曲:Sorao Mori、Tomohisa Sako


ざわつくセミの音が少し まだ残る夕暮れ
熙攘片段的声音,在黄昏仍些许残留著
离れないように君の手を また握り返した
似乎不想分离般,依旧紧握著你的手

花色の君の姿が あまりに眩しくて
你那如花的姿态太过闪耀
気にしてないふりで视线を そらしてしまったんだ
我假装不在乎似的,故意地将视线别开

火照った仆の頬に 优しく触れる夏の风
夏天的风温柔地吹拂著我羞红的脸颊
热を帯びたこの想いを あの夜空に今打ち上げるんだ
于今,将这份带著热情的心意传递至那片夜空

伝えたいよこの思いも
想要将这份爱意也传达给你
夜空に打ち上がったのは はじけてしまいそうな 仆のハートみたいだ
夜空的花火,就如我的心脏一般,似乎就要绽开来了啊
忘れないよ ずっとずっと
一直、一直不会忘记喔
仆の瞳に焼き付けた 夏色の光と 他でもない 君のその笑颜
烙印在我眼中的夏色之光,和你那唯一的笑容


大きな花が打ち上がる その音に纷れて
趁著大朵的花火绽放时的声响
こぼれてしまった言の叶は かき消されてしまう
将接著流露的话语,隐藏了起来
まるでこの世界に仆ら 二人だけみたいな
仿佛全世界只有我们两人
肩が触れそうなこの距离に 息がとまりそうだ
这样肩及肩的距离,令人呼吸止息

君がくれた一瞬は どんな愿いよりも强く
你给予我的刹那,比任何希望都要强
辉く光になって仆の世界を ずっと照らすんだ
化作辉耀的光芒,始终照耀著我的世界

仆の愿いは 七色の 光に纷れ打ち上がる
我的心愿是七彩的,随著花火升上天空
永远の爱だって 信じてしまいそうだ
如此地相信著,那永恒的爱
空を越えて 响き渡れ 消えないように咲き夸れ
在消失之前,响彻夜空、如花盛开
今この瞬间に 仆たちがいた 证のように
仿佛这一瞬间,就是我们存在的证明

いくら时が 过ぎたって この季节が来る度に
无论多少时间走过,每当这个季节来到时
繋いだ手の 温もりを 君の声を思い出すよ
总是会想起,牵起的手温、你的声音

伝えたいよこの思いも
想要将这份爱意也传达给你
夜空に打ち上がったのは はじけてしまいそうな 仆のハートみたいだ
夜空的花火,就如我的心脏一般,似乎就要绽开来了啊
忘れないよ ずっとずっと
一直、一直不会忘记喔
仆の瞳に焼き付けた 夏色の光と 他でもない 君のその笑颜
烙印在我眼中的夏色之光,和那你那唯一的笑容

君色花火

Preview Open KKBOX

Lyricist: Sorao Mori、Tomohisa Sako   Composer: Sorao Mori、Tomohisa Sako

作词:Sorao Mori、Tomohisa Sako
作曲:Sorao Mori、Tomohisa Sako


ざわつくセミの音が少し まだ残る夕暮れ
熙攘片段的声音,在黄昏仍些许残留著
离れないように君の手を また握り返した
似乎不想分离般,依旧紧握著你的手

花色の君の姿が あまりに眩しくて
你那如花的姿态太过闪耀
気にしてないふりで视线を そらしてしまったんだ
我假装不在乎似的,故意地将视线别开

火照った仆の頬に 优しく触れる夏の风
夏天的风温柔地吹拂著我羞红的脸颊
热を帯びたこの想いを あの夜空に今打ち上げるんだ
于今,将这份带著热情的心意传递至那片夜空

伝えたいよこの思いも
想要将这份爱意也传达给你
夜空に打ち上がったのは はじけてしまいそうな 仆のハートみたいだ
夜空的花火,就如我的心脏一般,似乎就要绽开来了啊
忘れないよ ずっとずっと
一直、一直不会忘记喔
仆の瞳に焼き付けた 夏色の光と 他でもない 君のその笑颜
烙印在我眼中的夏色之光,和你那唯一的笑容


大きな花が打ち上がる その音に纷れて
趁著大朵的花火绽放时的声响
こぼれてしまった言の叶は かき消されてしまう
将接著流露的话语,隐藏了起来
まるでこの世界に仆ら 二人だけみたいな
仿佛全世界只有我们两人
肩が触れそうなこの距离に 息がとまりそうだ
这样肩及肩的距离,令人呼吸止息

君がくれた一瞬は どんな愿いよりも强く
你给予我的刹那,比任何希望都要强
辉く光になって仆の世界を ずっと照らすんだ
化作辉耀的光芒,始终照耀著我的世界

仆の愿いは 七色の 光に纷れ打ち上がる
我的心愿是七彩的,随著花火升上天空
永远の爱だって 信じてしまいそうだ
如此地相信著,那永恒的爱
空を越えて 响き渡れ 消えないように咲き夸れ
在消失之前,响彻夜空、如花盛开
今この瞬间に 仆たちがいた 证のように
仿佛这一瞬间,就是我们存在的证明

いくら时が 过ぎたって この季节が来る度に
无论多少时间走过,每当这个季节来到时
繋いだ手の 温もりを 君の声を思い出すよ
总是会想起,牵起的手温、你的声音

伝えたいよこの思いも
想要将这份爱意也传达给你
夜空に打ち上がったのは はじけてしまいそうな 仆のハートみたいだ
夜空的花火,就如我的心脏一般,似乎就要绽开来了啊
忘れないよ ずっとずっと
一直、一直不会忘记喔
仆の瞳に焼き付けた 夏色の光と 他でもない 君のその笑颜
烙印在我眼中的夏色之光,和那你那唯一的笑容