君に届け

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

つぶらな瞳も
鼻にかかる じゃれた声も
その小さな手も
上手く笑えない君が 笑えば
あの日见た梦がまた一つ 叶う

行き交う他人たちの幸せ 自分のことのように
どうして ねぇ 愿うの?

君に逢えたこと 本当によかったと
そう言える その笑颜を守りたい
来年も 再来年も 今以上に 君が好きで
それぐらい 仆のすべてで
仆にしか言えない言叶を 今 君に届けたい

投げ出したくなって
悩んで泣いて 时には喧哗して
そんな毎日で
それでも君は君らしく また歩んでく
木漏れ日の下 爱しい

飞び交う嘘や嫉妬に 迷い惑わされない心よ
まっすぐな 祈りよ

仆は目を闭じて 君との未来を
想い描く その笑颜も描いてる
いつも いつまでも 想うことは一つだけ
たまらなく君が好きだよ
君にしか言わない言叶を 纺ぎだしていくから

どんな君の侧面を见ても 大袈裟かもしれないけど
そのどれもが仆の胸を打つ 抱きしめたい

もしも悲しみに包まれたなら 仆は
今すぐ 君に逢いに行くよ

届け 今 届け 君に言えずにいた「I love you」
その心の真ん中に
来年も 再来年も 今以上に 君が好きで
それぐらい 仆のすべてで
仆にしか言えない言叶を 见つけたから
心まで交わしたい想い 君に届けたい