証 (feat. 初音ミク)

Lyricist: otetsu     Composer: otetsu
溜め息重ねてもここには居ない谁か
孤独の苦しみただ堪えて

何も无い、谁も居ない、消えてゆく温もり
晴れ渡る空の青までも霞んで

重ねた月日は少し远ざかって
昨日の仆よりは强くなれた?

寂しさに溃された夜もあったけれど
一人きり 蹲 (うずくま)り、じっと耐え抜いた

数え切れない思い出に今もまだ缚られている
最后に触れた感触は思い出せないけれど

もう二度と帰らぬ时间を君との绮丽な思い出に

今一人歩き出す 吹き 荒 (すさ)ぶ风の中
振り返り手を振って涙を杀した

桜散るこの季节に君が居なくなったね
今は别々の道を行く 高く羽ばたいて

二人の为の钟の音が鸣ることは无かったけれど
残された记忆と伤 君と居た证