アンブレラ -side Len- (feat. 鏡音レン)

Lyricist: バルP     Composer: バルP
止めどなく降り注ぐ雨が 伞の花を咲かせた
黒い云 しばらくは笑ってくれそうもない
鲜やかに街并み彩る 伞の列を眺める
物忧げな空の色 声をかけるには远すぎて

それは优しく暖かい雨

この场所は巡り巡る 行き交う旅人の交差点
目指す场所はみな违う あの空の彼方
生まれ落ちたその日から 回り続けてる歯车には
どうしても噛み合わない形もあるよ

雨の中 一人の旅人 伞を持たずに歩く
その人が少しだけ 微笑んだ気がした
足元を置き去りにしては 忘れてゆくものだと
谛めてしまうのは あまりにも悲しすぎるから

それは优しく暖かい雨

せわしい旅の途中で立ち止まって见上げるのもいい
身をゆだねた流れから たまには降りてさ
この伞で受け止めるよ 迷惑だなんて言わないから
涙が枯れ果てるまで泣いてもいいよ

やがて云の切れ间から 光が差し込んで
旅人たちは 伞をたたむよ

この场所は巡り巡る 行き交う旅人の交差点
目指す场所はみな违う あの空の彼方
生まれ落ちたその日から 回り続けてる歯车には
どうしても噛み合わない形もあるよ