笑一個

Lyricist: LiSA    Composer: 川原祥太
昙り空の下 ひまわりは
うつむき悲しげな颜で
无理して 平気なフリしても
落ちる雫 隠しきれない

太阳は颜出して 上向いたひまわりに
急に笑いかけるから つられちゃって 吹き出したよ

笑ってほしくて 隣のキミに
笑っていたいって すごく思えたの
笑った太阳 放つ光は 今も
どこかで谁かを笑わせる

晴れた空の下 ひまわりは
颜上げ 绮丽に咲いてた
それ见て 道行くアタシは
何故か笑颜浮かべていた

くだらない事だけど 头によぎったキミに
急に逢いたくなって キミのもとへ 走り出したよ

笑ってほしくて 隣のキミに
笑っていたいって すごく思えたの
笑ったひまわり 放つ笑颜は 今も
どこかで谁かを笑わせる

太阳の光を ひまわりに
アタシの爱を キミに

笑ってほしくて 隣のキミに
笑っていたいって すごく思えたの
笑ったアタシが 放つ爱は 今も
どこかで谁かを笑わせる