Lyricist: 小竹正人   Composer: 鈴木まなか(Vanir)・Carlos K.


初めてよね? こんな风に
这是第一次吧? 像这样

手を繋いであなたと歩くの
与你牵手漫步

秋风に 吹かれながら
任由秋风拂面

伝えたいことがあるのよ
我一直有话想对你说

今日まで私 言えなかったの
时至今日 我都没能说出口

好きになるのが ちょっとだけ怖かったの
喜欢上你 让我有一点点胆怯

ホントはね あなたのことを谁よりも 爱してます…
但其实 我比起任何人 都更加爱你...

抱きしめて いつだって
请抱紧我 无论何时

あなたの背中ばかり见てた
我只要看到你的背影

ねえ 泣きたかった
呐 就会想落泪

青空を 燃やすように 赤く広がった夕焼けが
仿佛要把蓝天给燃烧一般 那蔓延开的红色晚霞

そう 私の恋です
是的 那就是我的爱恋

溢れそうな想いを ずっと隠していたの
那即将满溢的情感 一直埋藏于我心中

困らせてばかりいたけど ごめんね 好きなの
尽管一直让你感到困扰 抱歉了 真的很喜欢你

私より あなたの方が 大人だってわかっているから
明知道比起我而言 你更加成熟些

不安なのよ だからお愿い この手を离しちゃだめなの
但仍会感到不安 所以请你 别松开握紧我的这只手

あなたに会うと その优しさが
只要与你相遇 你的温柔

私の全て 包みこんでしまうのよ
便会包容将我的一切

今までは 知らなかったのこんなにも
至今还没有告诉你这些

せつなすぎる…
实在令我很烦恼...

爱しさを少しずつ
一点点的爱

ほんの少しずつでいいから
只要你爱我一点点就好

ねえ 约束して
呐 约好了

眠れない 长い夜 私が眠るまであなたは
在我无法入睡的漫漫长夜 等我进入梦乡之前

そう そばにいてください
请你 就这样待在我身边

あきれたりしないでね わがままを许してね
别对此感到吃惊 请原谅我的任性

だってあなただけが私 好きなの
因为我只喜欢你

秋の风はとても不思议ね 素直にさせてくれる
秋风是如北的不可思议 让我变得坦率

帰れないのよ あなた知らなかった顷にもう
已经回不去了 那个在认识你之前的自己

抱きしめて いつだって
请抱紧我 无论何时

あなたの背中ばかり见てた
我只要看到你的背影

ねえ 泣きたかった
呐 就会想落泪

青空を 燃やすように 赤く広がった夕焼けが
仿佛要把蓝天给燃烧一般 那蔓延开的红色晚霞

そう 私の恋です
是的 那就是我的爱恋

少しずつほんの少しずつでいいから
一点点 只要一点点就好

ねえ 约束して
呐 约好了

眠れない 长い夜 私が眠るまであなたは
在我失眠的漫漫长夜 等我进入梦乡之前

そう そばにいてください
请你 就这样待在我身边

あきれたりしないでね わがままを许してね
别对此感到吃惊 请原谅我的任性

だってあなただけが私 ごめんね 好きなの
对不起 因为我只喜欢你

Answer to you

Akikazenoanswer - Version 2015

Preview Open KKBOX

Lyricist: 小竹正人   Composer: 鈴木まなか(Vanir)・Carlos K.


初めてよね? こんな风に
这是第一次吧? 像这样

手を繋いであなたと歩くの
与你牵手漫步

秋风に 吹かれながら
任由秋风拂面

伝えたいことがあるのよ
我一直有话想对你说

今日まで私 言えなかったの
时至今日 我都没能说出口

好きになるのが ちょっとだけ怖かったの
喜欢上你 让我有一点点胆怯

ホントはね あなたのことを谁よりも 爱してます…
但其实 我比起任何人 都更加爱你...

抱きしめて いつだって
请抱紧我 无论何时

あなたの背中ばかり见てた
我只要看到你的背影

ねえ 泣きたかった
呐 就会想落泪

青空を 燃やすように 赤く広がった夕焼けが
仿佛要把蓝天给燃烧一般 那蔓延开的红色晚霞

そう 私の恋です
是的 那就是我的爱恋

溢れそうな想いを ずっと隠していたの
那即将满溢的情感 一直埋藏于我心中

困らせてばかりいたけど ごめんね 好きなの
尽管一直让你感到困扰 抱歉了 真的很喜欢你

私より あなたの方が 大人だってわかっているから
明知道比起我而言 你更加成熟些

不安なのよ だからお愿い この手を离しちゃだめなの
但仍会感到不安 所以请你 别松开握紧我的这只手

あなたに会うと その优しさが
只要与你相遇 你的温柔

私の全て 包みこんでしまうのよ
便会包容将我的一切

今までは 知らなかったのこんなにも
至今还没有告诉你这些

せつなすぎる…
实在令我很烦恼...

爱しさを少しずつ
一点点的爱

ほんの少しずつでいいから
只要你爱我一点点就好

ねえ 约束して
呐 约好了

眠れない 长い夜 私が眠るまであなたは
在我无法入睡的漫漫长夜 等我进入梦乡之前

そう そばにいてください
请你 就这样待在我身边

あきれたりしないでね わがままを许してね
别对此感到吃惊 请原谅我的任性

だってあなただけが私 好きなの
因为我只喜欢你

秋の风はとても不思议ね 素直にさせてくれる
秋风是如北的不可思议 让我变得坦率

帰れないのよ あなた知らなかった顷にもう
已经回不去了 那个在认识你之前的自己

抱きしめて いつだって
请抱紧我 无论何时

あなたの背中ばかり见てた
我只要看到你的背影

ねえ 泣きたかった
呐 就会想落泪

青空を 燃やすように 赤く広がった夕焼けが
仿佛要把蓝天给燃烧一般 那蔓延开的红色晚霞

そう 私の恋です
是的 那就是我的爱恋

少しずつほんの少しずつでいいから
一点点 只要一点点就好

ねえ 约束して
呐 约好了

眠れない 长い夜 私が眠るまであなたは
在我失眠的漫漫长夜 等我进入梦乡之前

そう そばにいてください
请你 就这样待在我身边

あきれたりしないでね わがままを许してね
别对此感到吃惊 请原谅我的任性

だってあなただけが私 ごめんね 好きなの
对不起 因为我只喜欢你

Answer to you