伊呂波歌

Lyricist: 銀サク     Composer: 銀サク
アナタガ望ムノナラバ
犬ノヤウニ従顺ニ
纽ニ縄ニ锁ニ
缚ラレテアゲマセウ

アルイハ子猫ノヤウニ
爱クルシクアナタヲ
指デ足デ唇デ
喜バセテアゲマセウ

どちらが先に 溺れただとか
そんなこと どうでもいいの

色は匂へど 散りぬるを
我が世谁ぞ 常ならん
知りたいの もっともっと深くまで

有为の奥山 今日越えて
浅き梦见じ 酔ひもせず
染まりましょう アナタの色
ハニホヘトチリヌルヲ

例ヘバ椿ノヤウニ
冬ニ咲ケト云フナラ
雪ニ霜ニ身体ヲ
晒シテ生キマセウ

アルイハ気高ヒ蔷薇ノ
散リ际ガ见タヒナラ
首ニ髪ニ香リヲ
缠ワセテ逝キマセウ

骨の髄まで 染まってもまだ
それだけじゃ 物足りないの

色は匂へど 散りぬるを
我が世谁ぞ 常ならん
知りたいの もっともっと深くまで

有为の奥山 今日越えて
浅き梦见じ 酔ひもせず
変わりましょう アナタの为に
呜呼
呜呼

色は匂へど 散りぬるを
我が世谁ぞ 常ならん
知りたいの もっともっと深くまで

有为の奥山 今日越えて
浅き梦见じ 酔ひもせず
堕ちましょう アナタと
イロハニホヘト ドコマデモ。