君のための100のもしも

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

ひとくち目は甘いらしい 砂漠の夜は冷えるらしい
想像なら容易かったんだ あの日までは um...

君は仆を忘れたんだろう 仆はそれを受け入れたんだろう?
「とうに梦は覚めたらしい」分かっているくせに

时间(とき)を戻して 君を探して
すぐに胸が苦しくなって 终わらせる
同じ景色には仆ら映らない もう二度と…なのに

君のための100のもしも
ガラスの箱に并べては 暮らしてるよ
袖に沁みた残り香(におい)も 狂おしいほど
また 君を呼び起こす

生々しい现実に 巨大なシートで目隠しをした
今の仆の受容力(キャパ)なんてさ こんなもんだろう

実を言うと これってフィクションで
明日の朝 君からの着信で「本気にしてた?」
なんて茶化されちゃって…そんなはずないよね

答えのない100のもしも
绮丽なまま どれくらい仕舞っておけるだろう?
足踏みしてる仆を嘲笑(わら)ってくれよ
もう それすら届かない

声のない呟きに気付けていたなら? 争わずに抱いていたなら?
仆らあのとき 出会うこともなく 他人同士のままでいたなら?
抑え込んだ気持ちが溢れる

时间(とき)を戻して 君を探して
见つけたのは 思い出っていう残骸
拒绝したって いつか色褪せてしまう それなのに…なのに…

君のための100のもしも
ガラスの箱に并べては 暮らしてるよ
部屋の灯りは まだ君の影 覚えている
また 君を呼び起こす