ノーマライズ (feat. 鏡音リン)

Lyricist: 光収容     Composer: 光収容
前方に见えている
谁も见てない人达
座った椅子は何か
温い感触がしてる

窓の向こうは见えない
灯りだけがチラホラ
目を凝らして覗く気も
今はちょっと起きないような

あぁ 昨日今日明日その先まで
平坦な缓い现状どこまで行く

これからも
无意识がノーマライズ
何も无いような日々 回る月
気付いたフリして
それなりの蛇行をして
続く続く道は
今日も见えないままで

置きっぱなしの本に
薄く积もった埃を
吹き飞ばして舞い上がる
沈黙と年月の名残

それがどうだっていう
それがなんだっていう
何も无いからそこに
意味を见出しているだけ

あぁ 軽い放心昼间の影
まだらな空に飞んでいく放物线

残酷な 无意识をノーマライズ
谛めかけたように 阴る月
笑った颜して
后ろ手にナイフ握る
过ぎる过ぎる日々は
何か満たされなくて

世间体 社会性
ここからは一人きり
互换性 独自性
それからの境界线

あぁ 微睡(まどろ)む水平は脆くある
薄暗空に落ちていく放物线

これからも
无意识はノーマライズ
何も无いような日々 回る月
気付いたフリして
それなりの蛇行をして
続く続く道は
今日も见えないままでいい

それからの
日常をノーマライズ
気付けば何でもある
そんな日々を
求めたフリして
目を逸らす日常はまだ
続く続くずっと
今日もこれから先も