偽者の歌 (feat. 鏡音リン)

Lyricist: 光収容     Composer: 光収容
幽霊が歩く世の中
君はずっと何と戦ってる
完璧な态度の里侧
昨日も今日も明日も同じ

悠长な思惑の结果
憧れとは正反対
望む全てを见渡し
何もかもを 涂りつぶして

仆らが歩く道の前には
亡者达の行进 先は见えないで
踊る足元はもう𦈐れかかって
倒れこむ先に同じもの达が见えた

振り上げた手の行く先を
决められず崩れた膝はもう震えて
干いた舌が讴う伪者の歌が
今この世界を支えてる

模倣者の歩く路地里
自尊心との戦い
何食わぬ颜でやった
抱えてたものを舍ててまで

静かな平原岚の前か
呟きが木霊し大地さえ染めて
翳る横颜は何を映して
これからもそれからも其処には
何も无くて

振り上げた手の行く先を
决められず崩れた膝はもう震えて
干いた舌が讴う伪者の歌が
今この世界を支えてる

散る华の海
雪化粧
ただそこで生きてく事だけ
望んで
干いた舌が讴う伪者の歌が
今この世界を支えてる
この世界が崩れても