Illumination

Lyricist: Saori・Nakajin    Composer: Saori・Nakajin

君に似合うのはきっと
赤でも青でも黄色でもない
どんな炎に焼かれても
ただ一つ残る色だ

幸せになるにはきっと
何か払わなきゃいけないの、と
泣いているような空を见る
君の强さを知っているよ

汚れたような色だねって
そんなに拗ねるなよ
人知れずシャツの袖で
涙を拭った君に

纯白の街へ连れてくよ
绿や赤の绮丽な光
濡れた袖が暖まるまで
雪道を彩る
二人だけの足迹

优しさに色があるなら
赤でも青でも黄色でもない
全部を混ぜあわせて
ただ一つ出来る色だ

それ、鼠色だよねって
颜をしかめるなよ
人知れず眠れない
夜を过ごした君に

仆らの家へ帰ろうか
影絵のような帰り道
夕食の匂いのする方へ
二人手を繋いで
向かい合った足迹

强いようで弱い
でも弱いようで强い君へ赠る色 グレー

今年の冬は暖かいね
少し前に君が言ってたけど
世界はこんなに一瞬で
真っ白になっていく

纯白の街へ连れてくよ
绿や赤の绮丽な光
濡れた袖が暖まるまで
雪道を彩る
二人だけの足迹
続いていく足迹