Lyricist: kz   Composer: kz


君の为に仆らの为に
今も声をかき鸣らして
始まりから続くサステインを
君にも伝えたいから

いつの间にか白む 真ん中の音
探し回っても散り散りになって
大切にしなきゃって
わかっていたのに
目まぐるしく変わってく日々に
戸惑って

最初に描いてた
空色のフォトグラフ
思い出して
久しぶりにダイアルに触れるよ

ずっと诗(うた)を音を缀って
远く刻み続けている
まだ伤は増えてくけど
その先见たいから
明日の君に 明日の仆らに
届くようにかき鸣らすの
まだ见ぬ谁かが创る调べが
この胸震わせるから

一人きりの部屋で 爪弾いた音
谁かに届けるわけでもなくて
はじけ飞んだ色は 全て涂り替えて
仆らを知らない场所に运んでいった

足元は暗いけど ただ歩き続けてた
だけど気が付けば
昨日が光を照らしていたの

ずっと诗(うた)を音を缀るよ
たとえ声を失っても
始まりから続いてる
サステインに乗せて
君の为に 仆らの为に
浮かぶ涙拭い去って
远くに霞んだはずの昨日が
この胸震わせるから

答えの无い迷路が
仆や君を 笑ってても
今を超えて 奏でられる
物语が导くから

ずっと诗(うた)を音を缀って
远く刻み続けている
まだ伤は増えてくけど、
その先见たいから
明日の君に 明日の仆らに
届くようにかき鸣らすの
まだ见ぬ谁かが创る调べが
この胸震わせるから

Redial

Preview Open KKBOX

Lyricist: kz   Composer: kz


君の为に仆らの为に
今も声をかき鸣らして
始まりから続くサステインを
君にも伝えたいから

いつの间にか白む 真ん中の音
探し回っても散り散りになって
大切にしなきゃって
わかっていたのに
目まぐるしく変わってく日々に
戸惑って

最初に描いてた
空色のフォトグラフ
思い出して
久しぶりにダイアルに触れるよ

ずっと诗(うた)を音を缀って
远く刻み続けている
まだ伤は増えてくけど
その先见たいから
明日の君に 明日の仆らに
届くようにかき鸣らすの
まだ见ぬ谁かが创る调べが
この胸震わせるから

一人きりの部屋で 爪弾いた音
谁かに届けるわけでもなくて
はじけ飞んだ色は 全て涂り替えて
仆らを知らない场所に运んでいった

足元は暗いけど ただ歩き続けてた
だけど気が付けば
昨日が光を照らしていたの

ずっと诗(うた)を音を缀るよ
たとえ声を失っても
始まりから続いてる
サステインに乗せて
君の为に 仆らの为に
浮かぶ涙拭い去って
远くに霞んだはずの昨日が
この胸震わせるから

答えの无い迷路が
仆や君を 笑ってても
今を超えて 奏でられる
物语が导くから

ずっと诗(うた)を音を缀って
远く刻み続けている
まだ伤は増えてくけど、
その先见たいから
明日の君に 明日の仆らに
届くようにかき鸣らすの
まだ见ぬ谁かが创る调べが
この胸震わせるから