Song

雨のち感情論

Preview Full Track

Lyricist: 鈴華ゆう子     Composer: 鈴華ゆう子


編曲:町屋、和楽器バンド


大抵の嘘笑いは慣れて
デタラメな言葉並べて泣いてた
迷走の中に産まれ落ちて
常習的な毎日の私に

相変わらず優しい空
今だけは離さぬように

伝説の境界線
探し見上げる夜空
一番星向かって
手をかざしてみたり
単純明快だって
君と夢みた銀河
最果ての世界へ
届くと信じていた

雷鳴の鳴り響く砂漠で
進むべき道外れて叫んでた
運命と宿命の狭間で
歴史上残すような足跡を

空に並べた道しるべ
今こそは離さぬように

星群の臨界点
覗き込む望遠鏡
北極星向かって
合図あげてみらり
絶対絶命だって
君が見つけた銀河
最果ての世界が
神話と信じていた

星座から(手の平に)
零れた(ひとかけら)
握りしめて

標的未定だって
雨のちに流れ星

伝説の境界線
求め舵をきる旅
一番星向かって
願いかけてみたり
単純明快だって
君と夢みた銀河
最果ての世界で
今でも息づく
神話と信じている