落日

Lyricist: 椎名林檎    Composer: 椎名林檎

君は产まれ仆に出会い春を忧い秋を见た
记忆を辿る过程であどけない君の写真に
认めたのは仆が所诠季节すら知らない事
现在では声を失くした君だけが映す月花

「当てにならないことばかり」って
叹いたこの舌の根でさえも
干く前に期待を仄めかす
まるで手応えの得られぬ夜
また一つ小さく冷えていく生命を抱いた

雪に生れ何时も笑い雨を嫌い此処に居た
确かなのは只唯一君のさっき迄の温もり

「何が悲しい?」と寻かれたって
何も哀しんでなど居ないさ
丁度太阳が去っただけだろう
微かな希望と里腹に
ごく当たり前の白け切った夕日を迎えた

独りきり置いて行かれたって
サヨナラを言うのは可笑しいさ
丁度太阳が去っただけだろう
仆は偶然君に出遭って
ごく当たり前に慈しんで 夕日を迎えた
さあもう笑うよ