Himawari

Lyricist: Fukase    Composer: Nakajin・Fukase

夜に住んでた私は初めて贵方を见た
眩し过ぎてちょっとだけ眩晕がしたんだ
紫のライトから聴こえてくる音
そんな违いはないけど、ただ羽根を开くくらい

初めてキスをした 忍び込んだビルの屋上
贵方にとっては気まぐれな でも私にとってわね

真夏に咲く向日葵达のよう
みんなが贵方を见てるわ
私もその中の一人なのね
そんなの分かってる

贵方が覚えてないような事も私には宝物なの
それを贵方に壊されないように
大切に持ってる

入道云は届かない幻のお城
飞行机から见ちゃうとそうでもないんだけど

何度も何度も 终わらせようと誓った夜も
贵方に会うと明けてしまう 私はどうしたらいいの?

真夏に咲く向日葵达のよう
みんなが贵方を见てるわ
私もその中の一人なのね
そんなの分かってる

叶わない恋なのは分かってるよ
ただ贵方を想ってた时间を
何に使って良いか分からないまま
夏が终わっていく

渗んだ祭りの音と我慢してた靴ずれ
いつも嫌いな写真なのにそれは谁に见せるの?

本当に大切なモノだけは绝対手放すなと
これは贵方が教えてくれた事
こんな皮肉ってある?

真夏に咲く向日葵达のよう
みんなが贵方を见てるわ
私もその中の一人なのね
そんなの分かってる