Song

Independence

Preview Full Track

Lyricist: 田中秀典     Composer: 大智



出逢いの日から いくつの季节が
駆け足で过ぎたのだろう
回る映写机の向こうに
あどけない仆らがいる

寄り添うたびに 分け合ってきた
喜び 悲しみ すべて
星のない夜は お互いの
道を照らし歩んだ

色褪せたフィルムは 擦り切れながら
长い月日をな ぞってゆく
数え切れない 场面の中に
温かな场所が 在った

今なら 遥か远く 离れてても
睑を闭じれば 君を描ける
爱はいつも そばにあるさ
それぞれの愿いが
二人を强く结ぶ

忘れた素振りで ポケットの中
仕舞った梦があっただろう
向き合ったままでは仆ら
前に歩き出せない

ぶつかり 许し合い 頬を寄せ合って
确かめてきた想いがある
きっと必ず 夸れるはずさ
爱しき人の未来(あした)を

今こそ 仆は仆の 描く空へ
信じ抜く爱を翼に変えて
君は君の 愿う场所へ
何を见失っても
消せない“あの日”がある

戸惑いを 胸に秘め
踏みしめる自由への旅路(みち)
终わらない 梦を乗せ
风に吹かれ 孤独を味方に
行けるさ

遥か远く 离れてても
睑を闭じれば 君と出逢える
爱はいつも そばにあるさ
それぞれの一歩で
新しい“今日”を刻もう