Midwinter (feat. 鏡音リン・レン)

Lyricist: DATEKEN    Composer: DATEKEN

今年も雪は深々と 音もなく降り积もり
白银の绒毯になって 街を包み込む

一人歩く帰り道は 冻るほどに静かで
私の足音だけが 微かに轧む

切ない思いだけが この胸を満たし
鼓动がほんの少し 速足になる

心に灯した火を 绝やさぬように
君に逢えるその日を 指折り数える

今年も风は萧々と 音を立て吹き抜ける
枯叶は绒毯になって 街を包み込む

人ごみ歩く帰り道は 全てが遽しく
仆を置き去りにして 廻り続ける

切ない思いだけが この胸を満たし
鼓动がほんの少し 速足になる

心に灯した火を 绝やさぬように
君に逢えるその日を 指折り数える

今年も冬は淡々と 音もなく过ぎて行き
微かな忧いを伴って 街を包み込む