DILEMMA

Lyricist: 山村隆太     Composer: 阪井一生

想えば その手は予想以上に冻えていて
どれくらい 孤独で生きることに 费やしてきたか知るんだ

摘んだ 袖に见え隠れしたその本音(おもい)も
素直な わがままも今言える人はいますか?

命を削るように 燃えるキャンドル
谁を照らしてるの?
その胸の手前の火を 吹き消しては

甘い笑颜 君が零した
いつかみたいに仆ら 不安を笑い飞ばせたら
无粋でも 梦见た顷が
爱しくなるのはそう
この街のどこかに 君がいるからさ

ふとした 仆の事でも全部覚えていたって
自分の 诞生日は今も忘れているの?

「好きな人が今 笑えていれば 人は幸せよ」
君はまた 自分の犠牲いとわないまま

しまえない 思い出(おもい)が嬉しいよ
寂しい夜には 出逢えた奇迹 抱き寄せる
夜空を 譲り合うように 月は海の果て
星はビルの影から 谁を想うだろう?

瞳闭じては 愿うから
いじらしいその素颜を
大切にしてくれる 人と共に 笑う君を

甘い笑颜 君が零した
いつかみたいに仆ら 不安を笑い飞ばせたら
无粋でも 梦见た顷が
爱しくなるのは
この街のどこかに 君がいるからさ
君がいるからさ