流れ星

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

流れ星ひとつ 駆けてく瞬间に 无邪気な君を想い描く
そう几度となく その笑颜のために 仆は明日へ向かえるんだよ

谁もがきっと 谁かのために生きたくて
爱したくて 手を伸ばして 伤ついていくけれど
涙无くした时は この约束 想って

君の声 吐息 その眼差しも 全て煌めいて
一瞬でも 永远でも 君を近くに感じていたい
优しい心 もっと触れてたい 光より热く
胸を焦がして 溶かして きっとまたここで逢えるよ

小さな本屋で すり减った小说の 1ページを开くときに似た
胸を踊らす そんな期待だけで 今 君を导けたなら

「自分らしさ」 呪文のように 缲り返して 优先して
犠牲にした 谁かの幸せも
远回りの果てに そう君こそ真実(こたえ)だ

サヨナラを 越えて 君よ 辉いて 最后まで煌めいて
一瞬でいい こんなにも 夜が素晴らしいって思えるなら
火照った梦を 热を 届けてよ 光より速く
时を 急かして 飞ばして きっとまたすぐに逢えるよ

忘れない 消えやしない 离れ离れになっても
思い出は 必ず明日への粮になるから
梦や希望じゃうまらなかった
心の隙间 満たされる 流れ星 手を振った

巡り巡る 时を 超えて 何度でも逢いにくるよ
何度でも 何度でも その笑颜だけ 守るために

君の声 吐息 その眼差しも 全て煌めいて
一瞬でも 永远でも 君を近くに感じていたい
爱しい心 ずっと爱してる 光より热く
胸を焦がして 溶かして 绝対またここで逢えるよ

きっとまたここで逢えるよ