キヲク

Lyricist: Kaori Mochida     Composer: Kazuhito Kikuchi

ただひとつだけのキヲク 胸の奥にある
色褪せた纸切れには笑颜が残った

「出逢わなければよかったね」と冗谈でも
どうして言えただろう
君のその优しさに
気付きもしないで何を见てたのだろう

振り向けばいつもそこに
君が居てくれるような気がした
薄红ノ雪が舞って
今日も変わらぬ风が吹く
まだ上手に笑えなくて

日が暮れるのも忘れて
确かめあうように
あんなにも爱したこと夸りに思った
ためらいもなく好きだなんて
言えてしまう君に嫉妬していた
君を好きだと思う気持ちに
理由など何も要らなかった

ふたりなら永远さえ
叶うものだと信じていたね
抱き缔めたそのぬくもり
今もこの手に残ってる
思い出には出来なかった

伝えたいコトがあった
それはおかしい程 简単で
失ってやっと気付く
それはかけがえのないもの

振り向けばいつもそこに君が
居てくれるような気がした
薄红ノ雪が舞って
今日も変わらぬ风が吹く
キヲクの中 探していた