Lyricist: 尾崎世界観    Composer: 尾崎世界観

途中でやめた本の中に挟んだままだった
空気を読むことに忙しくて 今まで忘れてたよ
句読点がない君の嘘はとても可爱かった
后ろ前逆の优しさは、すこしだけ本当だった

简単なあらすじなんかにまとまってたまるか
途中から読んでも 意味不明な2人の话

桜散る桜散る ひらひら舞う文字が绮丽
「今ならまだやり直せるよ」が风に舞う
嘘だよ ごめんね 新しい街にいっても元気でね
桜散る桜散る お别れの时间がきて
「ちょっといたい もっといたい ずっといたいのにな」
うつむいてるくらいがちょうどいい
地面に咲いてる

初めて呼んだ君の名前 振り向いたあの颜
それだけでなんか嬉しくて 急いで闭じ込めた

あのね本当はね あの时言えなかったことを
あとがきに书いても 意味不明な2人の话

ありがちで退屈などこにでもある続きが
开いたら落ちてひらひらと风に舞う
迷っても 止まっても いつも今を教えてくれた栞
ありがちで退屈などこにでもある続きが
终わってからわかっても遅いのにな
うつむいてるくらいがちょうどいい
地面に泣いてる

この気持ちもいつか 手軽に持ち运べる文库になって
懐かしくなるから それまでは待って地面に水をやる

桜散る桜散る ひらひら舞う文字が绮丽
「今ならまだやり直せるよ」が风に舞う
嘘だよ ごめんね 新しい街にいっても元気でね
桜散る桜散る お别れの时间がきて
「ちょっといたい もっといたい ずっといたいのにな」
うつむいてるくらいがちょうどいい
地面に咲いてる