Lyricist: Hiromu Akita   Composer: Hiromu Akita


都会の喧噪に 田舎の田园に でかい异物感に ぶれっぶれのやわな自我が
なに叫んだところで铅色の云に 跳ねっ返り 无惨に落ちて耽る徒労感に
「やっぱりダメか」が口癖のとんま 悔しさに涙一つ落としてみろよ
今日は今日とて 追い风は路傍に落ちて 光射すのは向こう侧 待ち望む埠头から

行こうか戻ろうか进退を突きつける 现実は常にシビアで情もなく
生活费に世间体に将来の安定に 全部かけたルーレットはやおら回りだし
「胜ち负けじゃない」とは苦し纷れに言うが 胜たなきゃならぬ理由も少なからず背负った
あの人の手纸に 友人との约束に 连れ添う恋人に 过去の自分自身に

一人一人消えてく街 日暮れの駅迎えは来ない
勇気も覇気も野心もない それでも生きる仆は何?
街灯から街灯へ足を引きずって 星座の线みたいに 街の灯を结ぶ
止まるでも戻るでもなくひたすらに 星座の线みたいに 街の灯を结ぶ

始めは青く眩しい梦物语 多くの少年が未来へと勇み
へましたって転んだって泣いたり笑ったり それを青春と呼んで社会へ旅立ったり
次第に脱落者は増える一人また一人 逃れられぬ幼児性 モラトリアムの暗
残りわずか数人の马鹿が伤を舐め合い 気付けば一番马鹿な仆が一人

一人一人消えてく街 日暮れの駅迎えは来ない
勇気も覇気も野心もない それでも生きる仆は何?
街灯から街灯へ足を引きずって 星座の线みたいに 街の灯を结ぶ
止まるでも戻るでもなくひたすらに 星座の线みたいに 街の灯を结ぶ

振り返ってもなんもねえ 绮丽なだけの思い出 この回り道がいつか仆を救ってくれる日まで
过去に胜つ为の今の仆になる为に 今に胜つ为の明日の仆になる为に
生き残ったのか 取り残されたのか なんにしても过ぎた人の颜は忘れない
ありがとう さよなら 昨日を舍てた仆が 桜散った夜の五反田を歩いてる

一人一人消えてく街 日暮れの駅迎えは来ない
勇気も覇気も野心もない それでも生きる仆は何?
街灯から街灯へ足を引きずって 星座の线みたいに 街の灯を结ぶ
止まるでも戻るでもなくひたすらに 星座の线みたいに 街の灯を结ぶ

Machinohiwomusubu

Preview Open KKBOX

Lyricist: Hiromu Akita   Composer: Hiromu Akita


都会の喧噪に 田舎の田园に でかい异物感に ぶれっぶれのやわな自我が
なに叫んだところで铅色の云に 跳ねっ返り 无惨に落ちて耽る徒労感に
「やっぱりダメか」が口癖のとんま 悔しさに涙一つ落としてみろよ
今日は今日とて 追い风は路傍に落ちて 光射すのは向こう侧 待ち望む埠头から

行こうか戻ろうか进退を突きつける 现実は常にシビアで情もなく
生活费に世间体に将来の安定に 全部かけたルーレットはやおら回りだし
「胜ち负けじゃない」とは苦し纷れに言うが 胜たなきゃならぬ理由も少なからず背负った
あの人の手纸に 友人との约束に 连れ添う恋人に 过去の自分自身に

一人一人消えてく街 日暮れの駅迎えは来ない
勇気も覇気も野心もない それでも生きる仆は何?
街灯から街灯へ足を引きずって 星座の线みたいに 街の灯を结ぶ
止まるでも戻るでもなくひたすらに 星座の线みたいに 街の灯を结ぶ

始めは青く眩しい梦物语 多くの少年が未来へと勇み
へましたって転んだって泣いたり笑ったり それを青春と呼んで社会へ旅立ったり
次第に脱落者は増える一人また一人 逃れられぬ幼児性 モラトリアムの暗
残りわずか数人の马鹿が伤を舐め合い 気付けば一番马鹿な仆が一人

一人一人消えてく街 日暮れの駅迎えは来ない
勇気も覇気も野心もない それでも生きる仆は何?
街灯から街灯へ足を引きずって 星座の线みたいに 街の灯を结ぶ
止まるでも戻るでもなくひたすらに 星座の线みたいに 街の灯を结ぶ

振り返ってもなんもねえ 绮丽なだけの思い出 この回り道がいつか仆を救ってくれる日まで
过去に胜つ为の今の仆になる为に 今に胜つ为の明日の仆になる为に
生き残ったのか 取り残されたのか なんにしても过ぎた人の颜は忘れない
ありがとう さよなら 昨日を舍てた仆が 桜散った夜の五反田を歩いてる

一人一人消えてく街 日暮れの駅迎えは来ない
勇気も覇気も野心もない それでも生きる仆は何?
街灯から街灯へ足を引きずって 星座の线みたいに 街の灯を结ぶ
止まるでも戻るでもなくひたすらに 星座の线みたいに 街の灯を结ぶ