Lyricist: Hiromu Akita   Composer: Hiromu Akita


ひろ お前に话したい事が 山ほどあるんだ闻いてくれるか?
何度も挫けそうになった事 実际 挫けてしまった事
お前の好きだったセブンスターを 吸うのも肩身が狭くなったし
彼女も「禁烟しなきゃね」って 言うもんだから まいるよな

あの日と同じ気持ちでいるかっていうと そうとは言い切れない今の仆で
つまりさお前に叱って欲しいんだよ どんな暗暗でも 照らすような强い言叶
ずっと探して歩いて ここまで来ちゃったよ

もう无理だって言うな 谛めたって言うな そんな事仆が许さねえよ
他に进むべき道なんてない仆らにはさ お似合いの自分自身を生きなきゃな
いつも见送る侧 それでも追いかけた 间に合わなかった梦を憎んだ
でもお前の居ない世界でも なんとかなるもんだ
それが悲しい お前はまだ19歳のまま

やりたい事をやり続ける事で 失う物があるのはしょうがないか
やりたい事も分からなくなったら その后におよんで 马鹿みたいだな

どんなに手を伸ばしても届かないと思ってた 梦のしっぽに触れたけど
今更迷ってしまうのは 仆の弱さか 日の暮れた帰り道 途方も无い空っぽに
袭われて立ちすくむ 都会の寂寞に

もう无理だって泣いた 谛めたって泣いた でもそんな物きっと自分次第でさ
他に进むべき道なんてない仆らにはさ お似合いの言い訳を选んでただけ
いつも见送る侧 それでも追いかけた 谛めかけた梦を掴んだ
でもお前の居ない世界じゃ 喜びもこんなもんか
それが悲しい お前はまだ19歳のまま

今年も仆は年を取って お前は永远に19歳で
くだらない大人になってしまうのが 悔しいんだよ 悔しいんだよ
なぁひろ 仆は今日も失败しちゃってさ 「すいません、すいません」なんて头を下げて
「今に见てろ」って爱想笑いで 心の中「今に见てろ」って なぁこんな风に
かっこ悪い大人になってしまったよ だらしのない人间になってしまったよ
お前が见たら绝対 绝対 许さないだろう?
だから仆はこんな歌を歌わなくちゃいけないんだよ

ガキみたいって言われた 无谋だって言われた それなら仆も舍てたもんじゃないよな
谁も歩かない道を选んだ仆らだから 人の言う事に耳を贷す暇はないよな
いつも见送る侧 なんとか飞び乗った 身の程知らずの梦を生きている
でもお前の居ない世界じゃ 迷ってばかりだ
でも それもガキらしくて 悪かないのかもな
仆は歌うよ 変わらずに19歳のまま

Hiro

Preview Open KKBOX

Lyricist: Hiromu Akita   Composer: Hiromu Akita


ひろ お前に话したい事が 山ほどあるんだ闻いてくれるか?
何度も挫けそうになった事 実际 挫けてしまった事
お前の好きだったセブンスターを 吸うのも肩身が狭くなったし
彼女も「禁烟しなきゃね」って 言うもんだから まいるよな

あの日と同じ気持ちでいるかっていうと そうとは言い切れない今の仆で
つまりさお前に叱って欲しいんだよ どんな暗暗でも 照らすような强い言叶
ずっと探して歩いて ここまで来ちゃったよ

もう无理だって言うな 谛めたって言うな そんな事仆が许さねえよ
他に进むべき道なんてない仆らにはさ お似合いの自分自身を生きなきゃな
いつも见送る侧 それでも追いかけた 间に合わなかった梦を憎んだ
でもお前の居ない世界でも なんとかなるもんだ
それが悲しい お前はまだ19歳のまま

やりたい事をやり続ける事で 失う物があるのはしょうがないか
やりたい事も分からなくなったら その后におよんで 马鹿みたいだな

どんなに手を伸ばしても届かないと思ってた 梦のしっぽに触れたけど
今更迷ってしまうのは 仆の弱さか 日の暮れた帰り道 途方も无い空っぽに
袭われて立ちすくむ 都会の寂寞に

もう无理だって泣いた 谛めたって泣いた でもそんな物きっと自分次第でさ
他に进むべき道なんてない仆らにはさ お似合いの言い訳を选んでただけ
いつも见送る侧 それでも追いかけた 谛めかけた梦を掴んだ
でもお前の居ない世界じゃ 喜びもこんなもんか
それが悲しい お前はまだ19歳のまま

今年も仆は年を取って お前は永远に19歳で
くだらない大人になってしまうのが 悔しいんだよ 悔しいんだよ
なぁひろ 仆は今日も失败しちゃってさ 「すいません、すいません」なんて头を下げて
「今に见てろ」って爱想笑いで 心の中「今に见てろ」って なぁこんな风に
かっこ悪い大人になってしまったよ だらしのない人间になってしまったよ
お前が见たら绝対 绝対 许さないだろう?
だから仆はこんな歌を歌わなくちゃいけないんだよ

ガキみたいって言われた 无谋だって言われた それなら仆も舍てたもんじゃないよな
谁も歩かない道を选んだ仆らだから 人の言う事に耳を贷す暇はないよな
いつも见送る侧 なんとか飞び乗った 身の程知らずの梦を生きている
でもお前の居ない世界じゃ 迷ってばかりだ
でも それもガキらしくて 悪かないのかもな
仆は歌うよ 変わらずに19歳のまま