Lyricist: かなき   Composer: フェイP

まぶた开けばすべて幻
滑る涙は孤独に轮をかけ
それは色浓く深く渗んだ
まるであの日の空のようだ

谁のものにもなれない仆ら
夜明けのもとへ诱う満ち欠け
月のはなむけ たどる一片
描いた羽根で飞べるのなら

梦いつまでも切り离されずに
时のブランコは止まることなく揺れる
いま 変わらない夜の眠りから
攫われてしまえば迷いはしない

せつに哀しくなるだけなら
なにも见えないほうが素敌
かたく闭ざした笼とカタハネ
剥离していく背中あわせに

冷えた寂しさ まぎれていけ
光れ星々 降(くだ)る降る
甘い慰め知らぬ痛みは
一瞬 昨日に散る

瞳の色を仆は知らない
明かりの下でひとり映して
そっと眺める镜に暗夜
爱でることさえできないのに

无口な栅に寄りそえたなら
少しは恐れ消えるでしょうか
裸足の指が白く翳(かす)んだ
足はあるのに海は彼方

风いつまでも巡りかえらずに
息吹夺うのは耳障りな静寂
いま 薄幸のブーケ抱きしめて
歌声よ羽ばたけ想いのままに

すべて残して仆は行こう
鼓膜さ乱る热に乗って
焦がれ溢れて浸るささやき
さざめきを追いもう帰らない

仰ぐ憧れ枯れる前に
饰れこの背を染める染める
行方知らずに泣いたこころは
とっくに决まっていた

零れ落ちた欠片は
この瞳(め)の色を映した朝阳
クジラの尾が跳ねて
まるで仆に手を振るみたいだった

恋(こ)えて一呼吸つむぎ
次々に咲くさえずりの花
息の数だけ生まれる
物语に色をつけては歌う

すべて残して仆は飞ぼう
鼓膜さ乱る热を裂いて
刻むさざ波 视界开けて
そして新たに始まるはなし

仰ぐはるかな明日を前に
駆けるこの背に続く続く
行方知らずに爱を、カタハネ
声は羽根のように

カタハネ (feat. 巡音ルカ)

Preview Open KKBOX

Lyricist: かなき   Composer: フェイP

まぶた开けばすべて幻
滑る涙は孤独に轮をかけ
それは色浓く深く渗んだ
まるであの日の空のようだ

谁のものにもなれない仆ら
夜明けのもとへ诱う満ち欠け
月のはなむけ たどる一片
描いた羽根で飞べるのなら

梦いつまでも切り离されずに
时のブランコは止まることなく揺れる
いま 変わらない夜の眠りから
攫われてしまえば迷いはしない

せつに哀しくなるだけなら
なにも见えないほうが素敌
かたく闭ざした笼とカタハネ
剥离していく背中あわせに

冷えた寂しさ まぎれていけ
光れ星々 降(くだ)る降る
甘い慰め知らぬ痛みは
一瞬 昨日に散る

瞳の色を仆は知らない
明かりの下でひとり映して
そっと眺める镜に暗夜
爱でることさえできないのに

无口な栅に寄りそえたなら
少しは恐れ消えるでしょうか
裸足の指が白く翳(かす)んだ
足はあるのに海は彼方

风いつまでも巡りかえらずに
息吹夺うのは耳障りな静寂
いま 薄幸のブーケ抱きしめて
歌声よ羽ばたけ想いのままに

すべて残して仆は行こう
鼓膜さ乱る热に乗って
焦がれ溢れて浸るささやき
さざめきを追いもう帰らない

仰ぐ憧れ枯れる前に
饰れこの背を染める染める
行方知らずに泣いたこころは
とっくに决まっていた

零れ落ちた欠片は
この瞳(め)の色を映した朝阳
クジラの尾が跳ねて
まるで仆に手を振るみたいだった

恋(こ)えて一呼吸つむぎ
次々に咲くさえずりの花
息の数だけ生まれる
物语に色をつけては歌う

すべて残して仆は飞ぼう
鼓膜さ乱る热を裂いて
刻むさざ波 视界开けて
そして新たに始まるはなし

仰ぐはるかな明日を前に
駆けるこの背に続く続く
行方知らずに爱を、カタハネ
声は羽根のように