廃日 (feat. がくっぽいど)

Lyricist: otetsu     Composer: otetsu
孤独を与えられた
梦を见せつけられた
愿いは届かない
叫びは闻こえない

希望を巣食うのか
俺はまるで别人で
见舍てるのは爱が无い訳じゃないから

无数にある水晶体
映る过去にくすむ空间
忘れる为壊し続けても钝く辉くだけ

孤独を与えられた
梦を见せつけられた
もう君の里を切ったから
恐れに似た情の雨に心を流させた

咲き狂う 浮かぶ肖像
広がる波纹 和纸の花
流れも満たせないのなら、
全て涂りつぶせばいい

希望を巣食うのか
俺はまるで别人で
见舍てるのは爱が无い訳じゃない

离れない爪の感覚
まだ穏やかではいられなくて
全てが许せないから、
また伤を见せつけるように

咲き狂う 浮かぶ肖像
広がる波纹 和纸の花
荒みながら手にする孤独は、
儚い胜利と救えぬ廃日と