Lyricist: 小竹正人   Composer: SKY BEATZ・FAST LANE


夏が来るわ 夏が…
夏天来了呢 夏天…

頬杖をついた窓に
轻倚窗边托著脸颊

吹いた微风は 少し暑くて
迎面微风 吹送些许暑气

汗ばんでる 私の肌を
我轻轻抚去

ひらり抚でて张りついた
肌肤上的汗水淋漓

どうしてでしょうか?
为什么呢?

思い出すわ 夏になるとあなたを
一到夏天便想起了你

私あなたの腕の中の
我就像是你臂弯中

爱を知らない 热帯鱼だった
不知爱为何物的热带鱼

どんなに 激しく泳いだって
不论再怎么拼命的游

そこにあるのは 涙の海でした
到哪儿都是只有泪水的汪洋

夏が来るわ 夏が…
夏天还是来了呢 夏天…

水槽の中漂う 鱼たちは とても绮丽ね
飘游在水池里的鱼儿们 是多么美丽

羽根広げた 孔雀みたいに 辉いては乱反射
仿佛开屏的孔雀 光芒四射

どうしてでしょうか?
为什么呢?

それなのにねえ
即使如此

とても悲しそうだわ
看上去还是那样的悲伤

私なんにも知らなかった
我那时一无所知

爱してほしい そう愿いながら
只祈祷著能被你爱上

何処へ 行けば自由になれるの?
要到何处 才能获得自由呢?

そんな想いで 泳ぎ続けていた
伴随此心愿 继续浮游而去

忘れたい 忘れられない
想要遗忘 却又无法忘却

碧い空のスクリーンには あなたが映るのよ
那碧蓝天幕 映照出你

初めて恋をして 泣いてばかりいた私
第一次爱恋 我却不停地哭泣

夏が 来るわ もう戻りたくないけど
夏天 来了呢 尽管已不想回到从前

思い出すの 热帯鱼の涙を
总会想起 热带鱼的泪水

私あなたの腕の中の
我就像是你臂弯中

爱を知らない 热帯鱼だった
不知爱为何物的热带鱼

どんなに 激しく泳いだって
不论再怎么拼命的游

そこにあるのは 涙の海
到哪儿都是只有泪水的汪洋

私なんにも知らなかった
我那时一无所知

爱してほしい そう愿いながら
只祈祷著能被你爱上

何処へ 行けば自由になれるの?
要到何处 才能获得自由呢?

そんな想いで 泳ぎ続けていた
将这心愿放在心中 夜以继日地游著

夏が来るわ 夏が…
夏天来了呢 夏天…

Nettaigyo No Namida - Version 2015

Preview Open KKBOX

Lyricist: 小竹正人   Composer: SKY BEATZ・FAST LANE


夏が来るわ 夏が…
夏天来了呢 夏天…

頬杖をついた窓に
轻倚窗边托著脸颊

吹いた微风は 少し暑くて
迎面微风 吹送些许暑气

汗ばんでる 私の肌を
我轻轻抚去

ひらり抚でて张りついた
肌肤上的汗水淋漓

どうしてでしょうか?
为什么呢?

思い出すわ 夏になるとあなたを
一到夏天便想起了你

私あなたの腕の中の
我就像是你臂弯中

爱を知らない 热帯鱼だった
不知爱为何物的热带鱼

どんなに 激しく泳いだって
不论再怎么拼命的游

そこにあるのは 涙の海でした
到哪儿都是只有泪水的汪洋

夏が来るわ 夏が…
夏天还是来了呢 夏天…

水槽の中漂う 鱼たちは とても绮丽ね
飘游在水池里的鱼儿们 是多么美丽

羽根広げた 孔雀みたいに 辉いては乱反射
仿佛开屏的孔雀 光芒四射

どうしてでしょうか?
为什么呢?

それなのにねえ
即使如此

とても悲しそうだわ
看上去还是那样的悲伤

私なんにも知らなかった
我那时一无所知

爱してほしい そう愿いながら
只祈祷著能被你爱上

何処へ 行けば自由になれるの?
要到何处 才能获得自由呢?

そんな想いで 泳ぎ続けていた
伴随此心愿 继续浮游而去

忘れたい 忘れられない
想要遗忘 却又无法忘却

碧い空のスクリーンには あなたが映るのよ
那碧蓝天幕 映照出你

初めて恋をして 泣いてばかりいた私
第一次爱恋 我却不停地哭泣

夏が 来るわ もう戻りたくないけど
夏天 来了呢 尽管已不想回到从前

思い出すの 热帯鱼の涙を
总会想起 热带鱼的泪水

私あなたの腕の中の
我就像是你臂弯中

爱を知らない 热帯鱼だった
不知爱为何物的热带鱼

どんなに 激しく泳いだって
不论再怎么拼命的游

そこにあるのは 涙の海
到哪儿都是只有泪水的汪洋

私なんにも知らなかった
我那时一无所知

爱してほしい そう愿いながら
只祈祷著能被你爱上

何処へ 行けば自由になれるの?
要到何处 才能获得自由呢?

そんな想いで 泳ぎ続けていた
将这心愿放在心中 夜以继日地游著

夏が来るわ 夏が…
夏天来了呢 夏天…