陽炎眩亂

Lyricist: じん(自然の敵P)     Composer: じん(自然の敵P)
8月15日の午后12时半くらいのこと
天気が良い
病気になりそうなほど眩しい日差しの中
することも无いから君と駄弁(だべ)っていた

「でもまぁ夏は嫌いかな」猫を抚でながら
君はふてぶてしくつぶやいた
あぁ、逃げ出した猫の后を追いかけて
飞び込んでしまったのは赤に変わった信号机

バッと通ったトラックが
君を轹きずって鸣き叫ぶ
血飞沫(しぶき)の色、
君の香りと混ざり合ってむせ返った
嘘みたいな阳炎(かげろう)が
「嘘じゃないぞ」って嗤(わら)ってる
夏の水色、かき回すような蝉の音に全て眩んだ

目を覚ました时计の针が鸣り响くベッドで
今は何时?
8月14日の午前12时过ぎ位を指す
やけに烦(うるさ)い蝉の声覚えていた

でもさぁ、少し不思议だな。
同じ公园で昨日见た梦を思い出した
「もう今日は帰ろうか」道に抜けた时
周りの人は皆上を见上げ口を开けていた

落下してきた鉄柱が
君を贯いて突き刺さる
劈(つんざ)く悲鸣と风铃の音が
木々の隙间で空廻り
ワザとらしい阳炎が
「梦じゃないぞ」って嗤ってる
眩む视界に君の横颜、
笑っているような気がした

何度世界が眩んでも
阳炎が嗤って夺い去る。
缲り返して何十年。
もうとっくに気が付いていたろ。
こんなよくある话なら结末はきっと1つだけ。
缲り返した夏の日の向こう。

バッと押しのけ飞び込んだ、
瞬间トラックにぶち当たる
血飞沫の色、
君の瞳と轧(きし)む体に乱反射して
文句ありげな阳炎に
「ざまぁみろよ」って笑ったら
実によく在る夏の日のこと。
そんな何かがここで终わった。

目を覚ました8月14日のベッドの上
少女はただ
「またダメだったよ」と一人
猫を抱きかかえてた