Happiness 〜ふたりは今も〜

Lyricist: 河邉徹    Composer: 奥野翔太

石积みのトンネルをくぐり抜け
电车はジグザグ 山を登ってく
远くへ行こうって言った君
本当は乗り気じゃなかったけど

20年前の日と
景色が重なってく
出会った顷のような目をして
君は笑った

やっと见つけた表情に
そっと寄り添う体温に
「爱してる」じゃなくて
「好きだよ」と言えたら

贷切の温泉に入るほど
私たち もうそんなに若くはないかなぁ
歩き疲れた一日でも
あなたは少し嬉しそうで

夜空を见上げながら
迷ったような颜して
懐かしい响きを添えて
あなたは言った

「ずっと好きだよ」だなんて
「いつもありがとう」だなんて
それだけの言叶に 涙が溢れるわ

きらり流星が 爱に诱われて
小さな今日じゃ
入らない Happiness

ずっと当たり前だったんだ
やっと言叶にできたんだ

これからもああ 一绪にいよう

やっと见つけた表情は
そっと寄り添う体温は
「爱してる」じゃなくて
「好きだよ」が似合うよ