境界 (feat. 鏡音リン)

Lyricist: 光収容     Composer: 光収容
声を杀した部屋の隅で
开け放したドア见つめている
昙る空の下无口な世界
肩に积もりゆくその沈黙

ここからの眺め 残响
狂いまくってる四时过ぎの窓は
谁も见てない
谁も见てない境界

吹き飞ぶ前のような云の流れ
そんなものばかり心を夺う
黒い夜の暗
明け方の青
响く始発の音に起きる世界

年老いた言叶 感伤
不感症のような脳髄の痺れ
涙も出ない
额縁だけの风景の中

缓んでる日差しにも逆らうように
歩いてる今
人混みとすれ违う

ここからの眺め 残响
狂いまくってる四时过ぎの窓は
谁も见てない
谁も见てない境界

朝焼けの窓辺 残光
暴れまくってる谁も居ない路地
心揺れてる
足も震える境界の上