Senya Ichiya Monogatari

Lyricist: Saori    Composer: Saori

砂の国で生まれた王女は
谁よりも好奇心旺盛
「眠れるまで楽しい话をして」
国中の兵士を集めた

戦いの自慢话や
年寄りの说教を闻いても
王女の心は微动だにしなかった
世界は退屈で満ちていた

荒れた砂地のような私の
この気持ちを「孤独」と呼ぶなら
里侧の世界のことは何と
呼べばいいの?

当たり前のことも何も分からないのに
知っているフリは出来ない
きっとこの砂が舞う世界に
光る星のような
意味を探し歩いているの

当たり前のことをあなたが知っているなら
どうか私に教えて
そしてこの砂が舞う世界で
三日月の灯で
闻かせてアラビアンナイト

砂の国の王女の元へ
一人の兵士がやってきて
见たことも闻いたこともない话を
眠るまで闻かせてくれた

群青の空にかかる虹や
魔法のような雪を见たこと
でもここでは世界中のどこよりも
美しい星が见えることも

荒れた砂地で出会った彼に
会えなくなると分からなくなるの
「爱しい」と「苦しい」がまるで
同じに思えるの

当たり前のことが分からなくなっていく时
ああ、恋をしているの?
まるでこの砂が舞う世界に
光る星のように
全てが辉いているの

嬉しいのに寂しくなって
悲しいのに爱しくなって
知りたいことを「知りたくない」なんて
言ってしまうことがあるの

空を飞んで魔法の绒毯に乗って
一体どこまで来たの?
ここは孤独の里侧の
世界のはずなのに
どうしてこんなに一人なの

当たり前のことが分からなくなっていく时
ああ、恋をしているの
窓を开けて星を眺め
ため息で砂が舞う
闻かせてアラビアンナイト