Kokuhaku

Lyricist: ryo    Composer: ryo

もしも仆のため 君が身を挺して
仆の代わりに死んでしまったなら
そんな世界に残された仆は
一人で何を思えばいい

覚えてるかな
君を好きになった仆は思いついたんだ
にこりともしない君を绝対に
笑わせてやろうってね

だけどそんな考えは见事に打ち砕かれた
仆は结局一人で笑ってばかりいたんだ
「まるでこれじゃ道化师だ、君の専属でございます」
なんておどけて言ったって无反応で

笑え 君のために
仆は何度だってくしゃくしゃになって
无茶苦茶になって 言うよ
泣きたいくらいに笑えるくらい
好きだよってさ

时を重ね想いを重ね
そうやってずっと近くにいて
当たり前だった君がいなくなって
その重さを知ったんだ

あの日その手を离さず强くつかまえてたなら
仆は结局一人で自己満足していただけ
「まるでこれじゃ嘘つきだ、君のためとか言っちゃって」
そうつぶやいた言叶でさえ届かなくて

走れ 君のもとへ
仆は何度だって転んでやる
迷ってやる
待っていて 今すぐに行くから
どんな困难がそこにあっても

それは运命のはずだった
君と仆は永久にともに
なのに君だけいないのならば
仆は时を駆けて会いに行くよ

「そして君が自らを犠牲にして 仆を助けてくれたのならば
今度こそ仆は君を守ってみせるから 仆を信じて」

笑え 君のために
仆は何度だってくしゃくしゃになって
无茶苦茶になって 世界が明日に终わろうとも

掴め 君のその手を
仆はもう绝対に离しはしない
约束しょう 仆にこの命ある限り
必ず幸せにしょう
何度だって笑わせるから
だから仆についてきてほしい
いいだろう?