YOKOHAMA Blues

Lyricist: Fukase    Composer: Nakajin

YOKOHAMA blues
潮の风に乗って
君の香水の香りがした気がして
振り返る君のいないこの街

君と离れてどれくらいだろう
いつも会うのは横浜だった
あれから仆も少し変わって
大変だけどなんとかやれてる
あの顷话した梦も叶って
幸せなのかと思ったけれど
やっぱりそうはいかなかったみたい
仆は今、立ち止まってる

名が売れて良いこともあったけど悲しいこともあった
受け入れてるし、仕方ないことだから
今さら何か言うこともないけど
ただ、ちょっと疲れただけだと思うんだ
「困った时だけ私なのね」と君に笑われそうだな
'だけ'に目一杯の嫌味を込めて

YOKOHAMA blues
潮の风に乗って
君の香水の香りがした気がして
振り返る君のいないこの街

君と出逢ったのはいつだったかな
いつも君を泣かせてた気がする
世の中はなんだか息苦しくなったね
炎上だなんだと騒いでさ
游びみたいに嬲り杀してった
子供たちはそれをずっと见てたんだ
仆もそれを见てたんだ

谁にも期待されてなかった
仆がステージに上がり
容赦なくスポットライトを浴びたんだ
君の过去も仆の未来も
忘れるように考えぬように
仆らはケダモノのように抱き合った
君の涙の味がした唇

YOKOHAMA blues
潮の风に乗って
君の香水の香りがした気がして
振り返る君のいないこの街

君の汗と香水の匂い
ベッドの下には二人のぬけがら
朝日で煌めく汚れた横浜
サラリーマンの群れを逆走する二人
あの顷の仆らはもういない
自由だった仆はもういない

YOKOHAMA blues
潮の风に乗って
君の香水の香りがした気がして
振り返る君のいないこの街

YOKOHAMA blues
潮の风に乗って
君の香水の香りがした気がして
振り返るこれって何の涙なんだろう