白い翼の少年 (Digital -M- Mix) (feat. 初音ミク)

Lyricist: そそそP     Composer: そそそP
鸟のように空を舞って
自由を手にして
居场所を求めた
少年の梦は
爱の中で満ち足りたい
些细なものだと
気付くと同じく
白い翼が散っていく

前を见れば 何もない世界
何かを创るのは 自身の存在
例えるなら 砂漠のサボテン
そこに居る意味など 问わないで
叙情诗に伝えられる
天使の歌が导いて

云の上で 君のことを
待っているだろう
翼を広げて 确かめてごらん
きっとそこで 见える太阳
とても美しく
辉き放って 君の翼を照らし出す
羽が舞い上がって 1人で旅立った
目指すものもなくて
それなのに 世界は动き出した

君の前に立った私には
ひとつだけ伝える言叶がある
「あとどれだけ 自由になっても
空を手に入れることは出来ない」
少年は 与えられた翼の意味を探すだろう

空の果ての 向こう侧の
もっと远くへと
翼が持つまで 飞んだらわかるさ
终着点 どこを见ても
见当たらないだろう
自由という名の
虚像に気付いたときに
不安になるのか
胸を抚で下ろすのか
二つに一つでも
目の前の世界が全てだと知る

叙情诗が缀り出した
天使の姿は泣いていた

その翼で见える景色 无限に広がる
手に触れたものだけ 真実の世界
「わかってる」と
翼闭じて 大地を踏みしめ
眼差しは ずっと远くの空を 见つめてる

鸟のように空を舞って 自由を手にして
居场所を求めた 少年の梦は
爱の中で満ち足りたい 些细なものだと
気付くと同じく 白い翼が散っていく

何もない世界を 歩き始めた
彼が歩く迹に
名前もない小さな花が咲いた
真っ白な美しい小さな花が