Lyricist: Hiromu Akita   Composer: Hiromu Akita


バイトの面接ばっくれて 雨云眺めて不贞寝さ ビールの空き缶で膨れた ゴミ袋で梦も溃れた
どっかで谛めていて 无表情に生きている あまりに空っぽすぎて 途方に暮れちまうな
彼女が帰って来るまでに 言い訳を急いで思案する 何やってんだってしらけて どうでもいいやって居直る
そうだこの感じ 今まで何度もあった 大事なところで仆は 何度も逃げ出したんだ

昨日から雨は止まない このままでは终わらない 败北 挫折 绝望がラスボスじゃねえ
自分自身にずっと负けてきた 胜てない訳ないよ自分なら
仆が一番分かってる 仆の弱さなら

もう一度 もう一度 駄目な仆が 駄目な魂を
駄目なりに燃やして描く未来が 本当に駄目な訳ないよ
もう一度 もう一度 仆等を胁かした昨日に
ふざけんなって文句言う为に 仆は立ち上がるんだ もう一度

ここには希望も救いもない 分かってんならどっか行けよ 「昔は良かったな」なんて そりゃ白旗を振るって事
どっかで阴が落ちれば どっかに光は射すもの どこに立っているか位で 不幸せとは决まらねえ

昨日から雨は止まない でも伞なんて持ってない 悲痛 现実 仆らいつも雨曝しで
って言う谛めの果てで 「それでも」って仆等言わなくちゃ
远くで戦っている 友よ挫けるな

もう一度 もう一度 马鹿な仆らが 马鹿な希望を
马鹿にされてこぼしたあの涙が 无駄だった訳ではないよ
もう一度 もう一度 仆等を笑ったこの世界に
ふざけんなって借りを返す为に 仆は立ち上がるんだ もう一度

静かな部屋の中 雨音だけが响いている どこにも行けないのか どこにも行かないのか
梦 希望 伤だらけで笑いあう友达 あの子の笑颜 全部ないよ
始まりはいつも空っぽ

もう一度 もう一度 押しつぶされる度つぶやいて
ようやくたどり着いたこの场所に 正解 不正解もないよ
もう一度 もう一度 あの日离れていった希望に
ざまぁみろって言ってやる为に 何度も立ち上がるんだ もう一度

Mouichido

Preview Open KKBOX

Lyricist: Hiromu Akita   Composer: Hiromu Akita


バイトの面接ばっくれて 雨云眺めて不贞寝さ ビールの空き缶で膨れた ゴミ袋で梦も溃れた
どっかで谛めていて 无表情に生きている あまりに空っぽすぎて 途方に暮れちまうな
彼女が帰って来るまでに 言い訳を急いで思案する 何やってんだってしらけて どうでもいいやって居直る
そうだこの感じ 今まで何度もあった 大事なところで仆は 何度も逃げ出したんだ

昨日から雨は止まない このままでは终わらない 败北 挫折 绝望がラスボスじゃねえ
自分自身にずっと负けてきた 胜てない訳ないよ自分なら
仆が一番分かってる 仆の弱さなら

もう一度 もう一度 駄目な仆が 駄目な魂を
駄目なりに燃やして描く未来が 本当に駄目な訳ないよ
もう一度 もう一度 仆等を胁かした昨日に
ふざけんなって文句言う为に 仆は立ち上がるんだ もう一度

ここには希望も救いもない 分かってんならどっか行けよ 「昔は良かったな」なんて そりゃ白旗を振るって事
どっかで阴が落ちれば どっかに光は射すもの どこに立っているか位で 不幸せとは决まらねえ

昨日から雨は止まない でも伞なんて持ってない 悲痛 现実 仆らいつも雨曝しで
って言う谛めの果てで 「それでも」って仆等言わなくちゃ
远くで戦っている 友よ挫けるな

もう一度 もう一度 马鹿な仆らが 马鹿な希望を
马鹿にされてこぼしたあの涙が 无駄だった訳ではないよ
もう一度 もう一度 仆等を笑ったこの世界に
ふざけんなって借りを返す为に 仆は立ち上がるんだ もう一度

静かな部屋の中 雨音だけが响いている どこにも行けないのか どこにも行かないのか
梦 希望 伤だらけで笑いあう友达 あの子の笑颜 全部ないよ
始まりはいつも空っぽ

もう一度 もう一度 押しつぶされる度つぶやいて
ようやくたどり着いたこの场所に 正解 不正解もないよ
もう一度 もう一度 あの日离れていった希望に
ざまぁみろって言ってやる为に 何度も立ち上がるんだ もう一度