Lyricist: Hiromu Akita    Composer: Hiromu Akita


上野 秋叶原 东京 押し合って生きる资格を得ろ
ディストピア脱走 生存竞争 先延ばしした生に未练はない
カラスの声に メッチェンの笑み 性的不备、溜め込む6.5畳
総人类反社会的 冒涜、不道徳の极み

あくまで未定の生存 「自分を大事に」とかって正论
言いたいだけだろ もううるせえよ 俗っぽさを崇めた世间の负债
人を嘲り 伪悪の无罪 溃した野花かつて飞ばした种子
地下鉄ひとすじ蜘蛛の糸 谁も群がらぬ蜘蛛の糸

星空と人々の距离の虚しさを
埋めるように差し込む夕日の赤が绮丽だ

ヒューマニズム レイシズム 阳が沈む 今日も沈む
有限の区切り、印として いざこざの间に阳が沈む
瞳の色 肌の色 髪の色 互いを见ろ
仆が仆として生きてる理由を 身に缠う证明
実存 実存 実存 ....

憎しみあってばっか 血の気の多い平和主义ばっか
自由崇拝ゆえ、规律に発火 がれきに下敷きの人の営み
立ち消えるライン 神様不在 行くか戻るかなのなのなのなのな
先にたたず后にたち并ぶ 墓标みたいなビルと后悔

后何年 何ヶ月 何时间と
逆算した人生に 追いつめられて

ヒューマニズム レイシズム 阳が沈む 今日も沈む
世々、最小単位の死として ただ身代わりに阳が沈む
裁きたがり 泣きたがり 死にたがり 晒したがり
仆が仆として生きてる理由を 选び取る证明
実存 実存 実存 ....

秋の砂浜にビーチサンダル ストーブの中 去年の灯油
いつ终わるとも知らないが 今日が确かに终わる事
明日も笑える不确かさ それでも约束缲り返し
暧昧な未来でまた会える 明日、多分、必ず、会える

夕日の前では谁もが等しく 赤く染まる罪と罚 夕日信仰ヒガシズム
全ては消え行く 脆くも崩れさる 有限の一区切り 夕日信仰ヒガシズム

ヒューマニズム レイシズム 阳が沈む 今日も沈む
善悪も我関せずとして 今日も今日とて阳が沈む
夕日の赤 死地の赤 嘘の赤 血潮の赤
仆が仆として生きてる理由を 身に宿す证明
実存 実存 実存 ....

Higashizumu

Preview Open KKBOX

Lyricist: Hiromu Akita    Composer: Hiromu Akita


上野 秋叶原 东京 押し合って生きる资格を得ろ
ディストピア脱走 生存竞争 先延ばしした生に未练はない
カラスの声に メッチェンの笑み 性的不备、溜め込む6.5畳
総人类反社会的 冒涜、不道徳の极み

あくまで未定の生存 「自分を大事に」とかって正论
言いたいだけだろ もううるせえよ 俗っぽさを崇めた世间の负债
人を嘲り 伪悪の无罪 溃した野花かつて飞ばした种子
地下鉄ひとすじ蜘蛛の糸 谁も群がらぬ蜘蛛の糸

星空と人々の距离の虚しさを
埋めるように差し込む夕日の赤が绮丽だ

ヒューマニズム レイシズム 阳が沈む 今日も沈む
有限の区切り、印として いざこざの间に阳が沈む
瞳の色 肌の色 髪の色 互いを见ろ
仆が仆として生きてる理由を 身に缠う证明
実存 実存 実存 ....

憎しみあってばっか 血の気の多い平和主义ばっか
自由崇拝ゆえ、规律に発火 がれきに下敷きの人の営み
立ち消えるライン 神様不在 行くか戻るかなのなのなのなのな
先にたたず后にたち并ぶ 墓标みたいなビルと后悔

后何年 何ヶ月 何时间と
逆算した人生に 追いつめられて

ヒューマニズム レイシズム 阳が沈む 今日も沈む
世々、最小単位の死として ただ身代わりに阳が沈む
裁きたがり 泣きたがり 死にたがり 晒したがり
仆が仆として生きてる理由を 选び取る证明
実存 実存 実存 ....

秋の砂浜にビーチサンダル ストーブの中 去年の灯油
いつ终わるとも知らないが 今日が确かに终わる事
明日も笑える不确かさ それでも约束缲り返し
暧昧な未来でまた会える 明日、多分、必ず、会える

夕日の前では谁もが等しく 赤く染まる罪と罚 夕日信仰ヒガシズム
全ては消え行く 脆くも崩れさる 有限の一区切り 夕日信仰ヒガシズム

ヒューマニズム レイシズム 阳が沈む 今日も沈む
善悪も我関せずとして 今日も今日とて阳が沈む
夕日の赤 死地の赤 嘘の赤 血潮の赤
仆が仆として生きてる理由を 身に宿す证明
実存 実存 実存 ....