Nostalgic Rain (feat. 初音ミク)

Lyricist: BIRUGE     Composer: BIRUGE
雨降りの街の中で
楽しそうな声が闻こえてしまう
今とあの顷 比べて
さらに瞳が濡れる

钝色の空の下で
谁かに呼ばれた気がしただけさ
仆は何をしてるの
わからない ああ 帰ろう

独りで居るとどうしても寒くなり震えてしまう

明日には晴れたらいいと愿い
今日もまた何処かで寂しさに溺れてしまう
冷たくて仆の行方が见えない
想い出も浮かぶ涙も
雨空よ 洗い流しておくれ

降り続く雨の音で
目が覚めてしまった午前4时5分
なぜかノスタルジアが
仆の心を染める

古ぼけたラジオ
懐かしの歌が流れてきたよ
いつか二人で聴いた
悲しい别れの歌が

温もり思い出すたび恋しくて震えてしまう

あの日々に梦でもいいから帰りたい
そんな后ろ向きな仆のこと许して欲しい
あの顷の优しい二人に逢いたい
钝色の空と荒んだ现実は
仆等を変えてしまった

サヨナラを言いたくなくて仆は
君の目も见れずに泣きながら逃げてたけれど
あの顷の优しい二人にサヨナラ

明日には晴れたらいいと愿い
そしてまた君の幸せを祈ってしまう
雨上がり 见上げた空に望む
想い出も浮かぶ涙も
青空よ 照らし続けておくれ