東京

Lyricist: 綾小路翔    Composer: 綾小路翔

聴こえたんだ地下のメロディ
非常阶段に伫んでいた

冲动とか本能とか
そんなものに突き动かされた

明日が来なかったら
そう思っただけさ
俺を駆り立てたのは
东京の真夜中

锖びついてる分厚いドアの
向こう侧に狼の群れ

息苦しい
铠えた匂い
耳を劈いたギターの音

痛みを感じていた
谁にも言えなかった
怖くて优しかった
东京の真夜中

ここで生きると决めた
やっと辿り着いた
俺の居场所がここに
あると知って泣いた

明日が来なかったら
そう思っただけさ
あの日の俺は死んだ
东京の真夜中

聴こえないか地下のメロディ
聴こえないかおまえを呼ぶ声が