bye-bye 999

Lyricist: 川谷絵音    Composer: 川谷絵音
夕方5时过ぎの嫌気に耐えながら暮れていく街を眺めて、
仆は今日も生活が闭じていくのを1人ゆっくりとゆっくりと确认している。
変えがたい何かを守るために尽力する人と、それを探す人
そしてどうしていいか わからなくてビールを饮む仆。
変わらないのは自分だけ。そう言い闻かして眠りに落ちていく。

触れたら壊れそうな模型を作り続ける梦を见てハッと目が覚めた时、
仆はいつも以上に疲れを感じて头を抱えた。
ふと思い出すのは爱されていたはずの远い记忆とテープの再生音。
安心と混乱の狭间でまた眠りに落ちていく。

さよならさよなら
明くる日の杀伐よ
さよならさよなら
また会うその日まで
谁かの爱した
あなたの仮面が欲しい
さよならさよなら
银河鉄道に乗っかって

汽笛が闻こえた気がした。思い违いかもしれないけど。
仆の向かう先はそこだと 思うんだ、そんな事を考えている。
谁もわかってくれなくていいのさ。
谁も见てくれなくていいのさ。
仆は目を闭じて飞び降りた。思いのほか怖くなかった。

さよならさよなら
明くる日の杀伐よ
さよならさよなら
また会うその日まで
谁かの爱した
あなたの仮面が欲しい
さよならさよなら
银河鉄道に乗っかって

気付いたら身体が浮いてて
何だか不思议な気分さ
そうか、仆は助けられたのか
涙が溢れた

さよならさよなら
明くる日の杀伐よ
さよならさよなら
また会うその日まで
谁かの爱した
あなたの仮面が欲しい
さよならさよなら
银河鉄道に乗っかって