ケモノラ (feat. 鏡音リン)

Lyricist: 光収容     Composer: 光収容
小さく欠伸をした
寝癖はそのまま
干いた颜のまま
ドアを开ける

天気は晴れ模様
あっちは昙り空で
足元は冷える
息を吐いた

缲り返した日常の先
殴りつけるような言叶
「気にしなけりゃ良い」
皮肉げに 笑ってた人の颜

街并みは轨迹
歩く谁もかもの目に映ってる
はじけ飞ぶ夕阳
静やかな景色
强いビル风が吹いてる
止まる场所まで
此処は 个々は
ここは悴(かじか)むように

テレビが唤(わめ)いている
ワイドショーかそれ以下
繋げた线路から 音が响く

钝い日 感覚麻痺
现状はそれなりで
手间取る昨日を
笑い飞ばす

散らばっている欠片の海を
手探りで歩く真夜中
混沌と诚実

不确かなものばかり
何がある

日常の轨迹
猜疑心だらけの世界の真ん中
唇が切れる
锖び付いた景色
少し忘れていたいけど
大きな声が
此処で 个々で
叫ぶ獣のように

痺れている
戸惑っている
朝日が升る交差点
黒いアスファルト

振り返る 君が今
少し 笑う

吹き飞ばす轨迹
降りかかる不条理
何でも构わない
足音を鸣らす
飞んで行く景色
歌う声は何処まで行く
ここから先へ
个々が 此処が
ここが居る场所ならば

歌ってた 叫んでた
歌ってる 叫んでる
此処で 个々で
歌う獣のように