two of us

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

また君はね 不机嫌そうに颜しかめて
「ほら仆だって 完璧じゃない」 いい訳すれど

なんだかんだ君に梦中なのは 相変わらず仆で
どんな辺鄙な场所でも 君とならかまわないんだよ

君が笑うたび 仆は思い知る 生きる意味なんて その笑颜で
充分 それ以上 何も望んではいないと
不満に思うこともあるだろう 直せない性格もあるだろう
だけどね 闻いて欲しい言叶がある 「爱してるんだよ」

永远だとか 绝対だとか 大袈裟に歌う
ラブソングは照れるけれど 君とだったらさ

喧哗する度 いつも互いの欠点に気づくけど
思い返せば はにかんでいる そんな仆がいて

だから いつもいつまでも傍に居て 愈えない伤を抱えていても
50年先でも 微笑みあい 许し合える
そんな関系になれるといいな そう思える君に逢えただけで
爱の意味など どうでもいいような気がするんだよ

人は生きる为のエチュードなんて ありもしないものを强请(ねだ)ってる
痛みの 涙も 君が背负って生きてくなら
仆と半分にすればいいさ 奏でる 希望への 「two of us」

君が笑うたび 仆は思い知る 生きる意味なんて その笑颜で
充分 それ以上 何も望んではいないと
未来を忧うこともあるだろう 现実に歯痒くもあるだろう
だからね 伝えたい想いがある 「爱し続けたい」