フユメグ

Lyricist: すぅ    Composer: クボナオキ

今年の冬も 寒すぎるね
决まって 愚痴をこぼす
ぎゅっと仆の 手を握る君が
爱おしすぎて笑った

煌る 雪の结晶
君の声が 仆の心
そっと温めて溶けるよ
巡る 季节を超えて
2人ずっと またこの场所
同じ景色が见れますように

ねえ
君は今何を想う?
ねえ
2人の未来も光って
ねえ
仆はまた 君を想う
隣で笑う 君を想う

今年の冬は 何をしようか
染まる頬 问いかける
ただ一绪に居たいと言う君が
爱おしすぎて笑った

煌る 雪の结晶
君の声が 仆の心
そっと包みこんでゆくよ
巡る 季节を超えて
2人ずっと またこの场所
同じ気持ちでいれますように

ねえ
君が侧に居てくれること
ねえ
2人の幸せ愿って
ねえ
仆はまた 君を想う
隣で笑う 君を想う

何度冬が巡っても
何度も君に恋するだろう
溶けずに降り积もる想いを

阳だまりのような
君の笑颜を 谁よりも仆が
1番侧で见れますように

ねえ
君は今何を想う?
ねえ
2人の未来も光って
ねえ
仆はまだ君を想う
巡る冬 この手离さないよ