HOME

Preview

Open KKBOX

Lyricist: 太志   Composer: Aqua Timez


夜という名の黒いマントだけが 一途に星を辉かせている
流れ星を探してみる 相変わらずの仆
伟くなったら爱されるなんて 哀しい噂を耳にしたけど
仆は君と仲良くなりたい そんな素直な気持ちに胜てるものはない

父の爱はただそこにあった 空の青が何気なく过ぎてくように
仆はその空の下で何も 気付かずに游ぶ子どもでした

玄関のドアが开いたら 大きな声でおかえりって言うんだよ
大きな声でただいまって言うんだよ
大切なものはきっと 幸せなことはきっと
もう あの场所にあったんだなぁ
被さってた夜が明け 透き通る朝焼け
初めてこの目で世界を 包み込めたような気がした

涙はこらえるものだって闻いた 涙はそれでも流れていった
一度も泣かず 何度も人と笑い合うなんてこと できっこないから

母の爱はただそこにあった 空の青が何気なく过ぎてくように
仆はその空の下で何も 気付かずに游ぶ子どもでした

朝、友达に会ったら 大きな声でおはようって言うんだよ
耻ずかしいことなんかじゃない
大切なものはきっと 幸せなことはきっと もう あの场所にあったんだよ
远回りもしてきた それも生きた证
仆は少しも 不幸なんかじゃなかった

时は过ぎ
こんなにも朗らかに 澄み渡る季节にも 悩んでばかりの仆を
座らせてくれる椅子がある
幸せになりたくて 方法がわからなくて
ただ着饰ってばかりいた こんな仆を
优しく迎えてくれる故郷がある