Lyricist: 黒髪ストロングP    Composer: 黒髪ストロングP

全盲の少女
生まれてこの方 光を知らない
いつも独り うつむいている
光をいつか 见てみたいと

それはまるで 梦物语のようだ

睛眼の少年
生まれてこの方 暗を知らない
いつもからり 笑っている
今すぐ光を 见せようと
少女の手を引き走る

「とっておきの 场所があるんだ
きっと君にも 映るだろう」
暗暗が逃げ込んだ丘で 彼は指をさす
少女はそれすら 见えないのに

光咲く 夜空も
少女の 前ではただのユメ
こんなに光っていても 见えないのか
少女は 知らない
何故だか 光は頬を伝う
それすら见えないのに

全盲の少女
色の饱和した 世界を知らない
いつもきらり 笑うようになる
见えないままでいいと
强がるでもなく 彼に笑いかける

睛眼の少年
色のない世界を 知らない
いつしか笑颜も忘れ
意地でも连れて行くんだと
梦物语に跃起になる

「あそこまで行けば きっときっと
君にも映るだろう」
暗暗が溶け出した空に 彼は指をさす
少女はそれすら 见えないのに

光咲く 宇宙も
少年の 前ではただのユメ
あんなに光っているのに 届かないのか
少年は 忘れた
何故だか 光は頬を伝う
それすら

梦を见すぎた 彼の眼が
光をなくすまでに そう时间もかからなかった
気づくと何も 见えなくなっていた
空も自分も 少女さえも映らない
「はじめから光を知らない
君には何も わからないさ」

少女は见えない ままでいいと
强がるでもなく 彼に笑いかける
少年は本当の理由を 忘れていた
本当の光を 忘れていた
少女は言う
「光ならもう 见つけたの」

光咲く 宇宙も
少年の 前ではただのユメ
あんなに光っていたのに 届かないのか
少年は知った それゆえ 光は頬を伝う
それすら见えないけど

光咲く 夜空も
二人の前では ただの梦
光は二人の 瞳を透过しない
二人は知った
それでも光が そばにいることを
二つの照らし合う星

眼には见えないけど

盲目の宇宙飛行士 (feat. 初音ミク)

Preview Open KKBOX

Lyricist: 黒髪ストロングP    Composer: 黒髪ストロングP

全盲の少女
生まれてこの方 光を知らない
いつも独り うつむいている
光をいつか 见てみたいと

それはまるで 梦物语のようだ

睛眼の少年
生まれてこの方 暗を知らない
いつもからり 笑っている
今すぐ光を 见せようと
少女の手を引き走る

「とっておきの 场所があるんだ
きっと君にも 映るだろう」
暗暗が逃げ込んだ丘で 彼は指をさす
少女はそれすら 见えないのに

光咲く 夜空も
少女の 前ではただのユメ
こんなに光っていても 见えないのか
少女は 知らない
何故だか 光は頬を伝う
それすら见えないのに

全盲の少女
色の饱和した 世界を知らない
いつもきらり 笑うようになる
见えないままでいいと
强がるでもなく 彼に笑いかける

睛眼の少年
色のない世界を 知らない
いつしか笑颜も忘れ
意地でも连れて行くんだと
梦物语に跃起になる

「あそこまで行けば きっときっと
君にも映るだろう」
暗暗が溶け出した空に 彼は指をさす
少女はそれすら 见えないのに

光咲く 宇宙も
少年の 前ではただのユメ
あんなに光っているのに 届かないのか
少年は 忘れた
何故だか 光は頬を伝う
それすら

梦を见すぎた 彼の眼が
光をなくすまでに そう时间もかからなかった
気づくと何も 见えなくなっていた
空も自分も 少女さえも映らない
「はじめから光を知らない
君には何も わからないさ」

少女は见えない ままでいいと
强がるでもなく 彼に笑いかける
少年は本当の理由を 忘れていた
本当の光を 忘れていた
少女は言う
「光ならもう 见つけたの」

光咲く 宇宙も
少年の 前ではただのユメ
あんなに光っていたのに 届かないのか
少年は知った それゆえ 光は頬を伝う
それすら见えないけど

光咲く 夜空も
二人の前では ただの梦
光は二人の 瞳を透过しない
二人は知った
それでも光が そばにいることを
二つの照らし合う星

眼には见えないけど