Lyricist: 水無月龍那    Composer: As'257G

駆け込んだ 月阴の真下で
すれ违い 振り向いて 瞬き
手招きで 呼び寄せば 煌めく
一夜限りの 好奇心

握りし手の中で 転がす万华镜
吊り上げる 口の端
朱き三日月に よく似て

舞い踊れ 手を取りて 夜が更けせども
迷うたら 音ひとつ 灯りに変えて
一片の葛の叶に込めた标を
菓子のように 何処迄も甘く魅せましょうか

背に负いし 月阴は隈无く
浪立てて 风渡る 杯

手の中に 残された 絵札は
一度限りの 楼狱よ

命を惜しませば 四番の红差しで
口元鲜やかに
伪りの朱を 引きませ

駆け抜けろ 手折られし 夜が明くる迄
悬けられた 恋(つみ)ひとつ 脆き戯れ言
振り返るその髪を 転ぐ雫で
蜜のように 何时迄も甘く酔わせましょう

伸び行く月阴が 濡れる吐息の色
快楽に触れたらば
指先の猫が ひとつ鸣き

砕け散る 楼狱は万华の镜
煌めいて 落つ先は 梦か现か
暗暗で舞う指に 残りし伤が
刻むだろう 月阴の轨迹 淡く染める 梦の证を

誘イ朱月 (feat. がくっぽいど)

Preview Open KKBOX

Lyricist: 水無月龍那    Composer: As'257G

駆け込んだ 月阴の真下で
すれ违い 振り向いて 瞬き
手招きで 呼び寄せば 煌めく
一夜限りの 好奇心

握りし手の中で 転がす万华镜
吊り上げる 口の端
朱き三日月に よく似て

舞い踊れ 手を取りて 夜が更けせども
迷うたら 音ひとつ 灯りに変えて
一片の葛の叶に込めた标を
菓子のように 何処迄も甘く魅せましょうか

背に负いし 月阴は隈无く
浪立てて 风渡る 杯

手の中に 残された 絵札は
一度限りの 楼狱よ

命を惜しませば 四番の红差しで
口元鲜やかに
伪りの朱を 引きませ

駆け抜けろ 手折られし 夜が明くる迄
悬けられた 恋(つみ)ひとつ 脆き戯れ言
振り返るその髪を 転ぐ雫で
蜜のように 何时迄も甘く酔わせましょう

伸び行く月阴が 濡れる吐息の色
快楽に触れたらば
指先の猫が ひとつ鸣き

砕け散る 楼狱は万华の镜
煌めいて 落つ先は 梦か现か
暗暗で舞う指に 残りし伤が
刻むだろう 月阴の轨迹 淡く染める 梦の证を