Speed To Masatsu

Preview

Open KKBOX

Lyricist: 秋田ひろむ   Composer: 秋田ひろむ


切れかけた街灯に照らされて 明灭缲り返す人々の影
ゴムの匂いと空気の湿り気 静寂と呼ぶには、はなはだ多弁
したがって 定まらぬ视点 星を滑って 东北に流転
蛾が群がって どうせ无駄だって 梦に焼け落ちて あとは何もねえ

行き先のない乗车券 此岸の终わりの夕景
地球の里の荒野へ 早く连れてってくれ

夏の庭に犬の骨 死尸累々の日付
それを踏んづけて明日へ 気管支炎の音符で
血を吐くまでは歌え 放射状 北の山背
そこに咲いた花でさえ 冒涜は许されて

仆は舌打ちをしたこの街へ いや、舌打ちしたのは街の方で
砂场に子供らの神话体系 その一粒ごと神は宿って
络まって 切れぬ社会性 みだりに越えて 唾を吐き挂け
我が塞がって 来世疑って 无様に燃えて あとは何もねえ

獣と人の分岐点 命にたかる银蝇
精子は霊地の巡礼 死ぬには早い降雪

国道沿いのラブホテル トワイライト纯洁で
言叶足らずの夜明け 吃音的な世の果て
それを饮み込んでは咽せる 结露に滴るカーテン
命が今焼け落ちて 车道に冬の银河系

トラックの荷台に跨がって 歳月が通り过ぎた
交差点で横転して 血を流していた
窓越しにそれを见ていたら 命がじりじりと焦げる音を闻いた

スピードと摩擦 火花を散らして
スピードと摩擦 内臓を焦がして

体内に発车の汽笛 血液は逃避の路线
旅立っては近づいて 离れてくのはどうして?
苛立ちは尚叫んで ひび割れた今日の风景
地表にうがつささくれ 二月は无垢な难破船

スピードと摩擦 内臓を焦がして