Lyricist: 工藤順子   Composer: 外間隆史

夏草に埋もれた线路は锖びた阳射しを集めて
立ち止まる踵を知らない町に诱うよ
雾の朝いちばん最后の货物列车に托した
仆たちの遥かな未来は走り続ける

何时までもこの场所で
同じ梦见てたはずなのに
君は今靴纽気にして

枕木は季节を数えて苍い土へと帰るよ
少しずつほどけるあの日の远い约束

ポケットに忘れてた
石ころを高く投げてやろう
赤茶けたレールの向こうへ

何にも気づかずに
通り过ぎてしまえそうで
何処まで歩いても
终わりのない夏の线路

夏草に埋もれた线路は低く阳炎揺らして
七色にさざめく小さな风をはじくよ

仆のこと想う时
目を闭じて汽车を走らせて
闻こえない汽笛を闻くから

このまま気づかずに
通り过ぎてしまえなくて
何処まで歩いても
终わりのない夏の线路
いつでもまなざしは
眩しすぎる空を越えて
どんなに离れても
远く君に続く线路

夏草の線路 - Ruby Grapefruits Version

Preview Open KKBOX

Lyricist: 工藤順子   Composer: 外間隆史

夏草に埋もれた线路は锖びた阳射しを集めて
立ち止まる踵を知らない町に诱うよ
雾の朝いちばん最后の货物列车に托した
仆たちの遥かな未来は走り続ける

何时までもこの场所で
同じ梦见てたはずなのに
君は今靴纽気にして

枕木は季节を数えて苍い土へと帰るよ
少しずつほどけるあの日の远い约束

ポケットに忘れてた
石ころを高く投げてやろう
赤茶けたレールの向こうへ

何にも気づかずに
通り过ぎてしまえそうで
何処まで歩いても
终わりのない夏の线路

夏草に埋もれた线路は低く阳炎揺らして
七色にさざめく小さな风をはじくよ

仆のこと想う时
目を闭じて汽车を走らせて
闻こえない汽笛を闻くから

このまま気づかずに
通り过ぎてしまえなくて
何処まで歩いても
终わりのない夏の线路
いつでもまなざしは
眩しすぎる空を越えて
どんなに离れても
远く君に続く线路