逢いたい気持ち

Lyricist: TAKURO     Composer: TAKURO

逢いたい気持ちがため息に溶けてゆく
爱しい人は思い出のままで
消せない慕情に若さの过ちだけ
熏り焼ける苦味を残し 梦いずこ

时は仆だけを置き去りに流れてゆく
あれからいくつかの恋もしました
优しい夜も别れの朝も あなた以上にシビれられない

何もかもから解き放たれて 胸を合わせて踊る星の下
白く烟るあの情热 爱した分だけ弱さになる
求められてた男らしさと ふとのぞかせる女らしさが
胸に迫る一瞬の恋 あなただけがいつの日もいつまでも
仆の道标

忘れたはずなのに街角よく似てる
あなたの香りに思いが揺れる
罪深き月に照らされた今宵など
どうか女々しさを许して欲しい Sorry my love

まして二度は帰らない时よ 今夜ばかりは
愚かさに夜风が身に染みました
梦追い人に寝床は无くとも 何を求めて彷徨うのだろう

沈む夕阳に爱を重ねて 升る朝日に人生を见てた
天女の様なその物言い 分かってるフリで焦らさないで
振り返る日はまだ来なくとも あなたの事は忘れはしない
かけがえない爱をくれたあなただけは いつの日もいつまでも
荒野に咲く华の様に

何もかもから解き放たれて 胸を合わせて踊る星の下
白く烟るあの情热 爱した分だけ弱さになる
沈む夕阳に爱を重ねて 升る朝日に人生を见てた
天女の様なその物言い 分かってるフリで焦らさないで
振り返る日はまだ来なくとも あなたの事は忘れはしない
かけがえない爱をくれたあなただけは いつの日もいつまでも
荒野に咲く华の様に