Helios

Lyricist: 苑    Composer: 彩雨

もう祈る神も见当たらない
今ここに仆らは立っている
どうしようもなく今を感じてる

憎むべきことじゃないこと
憎むべき相手がいないこと
わかっている
前に进むべき道は见えてる 恐れないで

地表を打つ雨を见上げ 遮るように腕伸ばし
心が望んだ温かさを この声に変え歌った
冻えるような冷たさで その心まで埋めないで
どうかこの声に耳を倾けて

笑颜は残ってる 仆の中にあなたの中に
泣きたいように泣いたほうがいい
笑颜は待っているから

地表を打つ雨を见上げ 遮るように腕伸ばし
心が望んだ温かさ

覆い尽くせ 希望の阳よ 何よりも天高くあれ
この空の全て 大地の果て 生きる呼吸を照らして
弾けるように歌いだす 辉く生命の叫び
この身の全てを响かせて

爱せる 慈爱を
この胸は知ってる
热を上げ 声枯らし
仆达は同じ命を燃やして