Lyricist: ひとしずくP・やま△    Composer: ひとしずくP・やま△


モノクロネオンに 歪む摩天楼通り マフラー越しに こぼれた溜息
いつもの茶店で 苦いコーヒー頼んで 花瓶に咲くレンゲの香ごと 饮み干す

天才ピアニストの 非凡な日常は 絵に描いたような 完璧なサクセス・ストーリー
羡望も称賛も「当然だね」って、微笑って 指先から そっと魔法を奏でていく

今宵のステージには 花を咲かそうか?
期待に疼く耳を澄まして 庭师の手の中へ おいで

指先に咲いた幻想庭で 五线の梦に落ちて
胡蝶の花の宴に 谁も彼も 狂い舞って踊れ 钟が鸣き 解け出す廃园
気づけば 喝采の雨 锖びつく铗を隠して、微笑え


煌めくネオンに 眩む摩天楼通り 幼き憧憬 いつから目覚めた、ドリーマー?
いつもの茶店で 苦いコーヒー頼んで 花瓶に咲くリンドウの香ごと 饮み干す

余裕の仮面は 简単に外れない なぜなら仆は 完璧なエンターテイナー
疲労も困惫も「全然だね」って、骗して いつもどおりさ 仆は魔法を奏でていく

今宵のステージには 星を降らそうか?
期待に疼く耳を澄まして 手品师の手の中で 眠れ

指先に乗った幻想星を 五线の宇宙そらに飞ばして
流れる星の海へ 漕ぎ出した月に乗って进め 钟が鸣き 解け出す朔天
気づけば 喝采の暗 砕けたステッキごと 仆を呑み込んでいく

むせ返る花束に埋もれながら 悲鸣あげる指も 荒んだ本音も隠して
微笑って、手を振らなくちゃ……

伤だらけの等身大に 笑颜の仮面を付けて
「理想の仆」の偶像 饱きもせずに、演じ続け 终われない 道化师の狂宴
すべて暴かれたら 少しは楽になれるかなぁ……なんてね!

指先に鸣った幻想谭に 五线の魔法を挂けて
鲜やかなメロディで 谁も彼も 虏にして微笑え 钟が鸣き 解け出す幻想
気づけば 喝采の雨 砕けた心を穿ちて、嗤え

Fantasy pianist

Preview Open KKBOX

Lyricist: ひとしずくP・やま△    Composer: ひとしずくP・やま△


モノクロネオンに 歪む摩天楼通り マフラー越しに こぼれた溜息
いつもの茶店で 苦いコーヒー頼んで 花瓶に咲くレンゲの香ごと 饮み干す

天才ピアニストの 非凡な日常は 絵に描いたような 完璧なサクセス・ストーリー
羡望も称賛も「当然だね」って、微笑って 指先から そっと魔法を奏でていく

今宵のステージには 花を咲かそうか?
期待に疼く耳を澄まして 庭师の手の中へ おいで

指先に咲いた幻想庭で 五线の梦に落ちて
胡蝶の花の宴に 谁も彼も 狂い舞って踊れ 钟が鸣き 解け出す廃园
気づけば 喝采の雨 锖びつく铗を隠して、微笑え


煌めくネオンに 眩む摩天楼通り 幼き憧憬 いつから目覚めた、ドリーマー?
いつもの茶店で 苦いコーヒー頼んで 花瓶に咲くリンドウの香ごと 饮み干す

余裕の仮面は 简単に外れない なぜなら仆は 完璧なエンターテイナー
疲労も困惫も「全然だね」って、骗して いつもどおりさ 仆は魔法を奏でていく

今宵のステージには 星を降らそうか?
期待に疼く耳を澄まして 手品师の手の中で 眠れ

指先に乗った幻想星を 五线の宇宙そらに飞ばして
流れる星の海へ 漕ぎ出した月に乗って进め 钟が鸣き 解け出す朔天
気づけば 喝采の暗 砕けたステッキごと 仆を呑み込んでいく

むせ返る花束に埋もれながら 悲鸣あげる指も 荒んだ本音も隠して
微笑って、手を振らなくちゃ……

伤だらけの等身大に 笑颜の仮面を付けて
「理想の仆」の偶像 饱きもせずに、演じ続け 终われない 道化师の狂宴
すべて暴かれたら 少しは楽になれるかなぁ……なんてね!

指先に鸣った幻想谭に 五线の魔法を挂けて
鲜やかなメロディで 谁も彼も 虏にして微笑え 钟が鸣き 解け出す幻想
気づけば 喝采の雨 砕けた心を穿ちて、嗤え