Ai Wo Abite Bokuga Iru

Lyricist: CLIEVY/KEEN    Composer: CLIEVY/KEEN/栗本修
病室からの帰り道は
涙を隠して街に纷れ込む
じぃじ、ばぁばと泣きわめいて
だだこねてる子供の姿は
幼き日の仆だった

困った颜して、でも、嬉しそうに手をひいて
仆もきっとあの子のように爱で包まれていたのだろう。

浴びて、爱を浴びて
仆はここに立っていられるんだろう
I'll be there 会える日まで
この命をかけぬけてゆくから

ごめんね今なら素直に言える
马鹿だなもどかしさを当て付けて

じじい、ばばあと吐き舍てて
寡黙な爱に背を向けて
星のタバコに火をつけた。

じんわり响いてゆく、痛みぬくもり伝わる頬
あの日の记忆が今の仆の行く道を示してく

浴びて、爱を浴びて
仆はここに立っていられるんだろう
I'll be there 会える日まで
この命をかけぬけてゆくから

星になった今もなお
远くから仆を见てくれている
会えない时间や距离に仆等试されている
がんばれと笑ってるんだろう

浴びて、爱を浴びて
仆はここに立っていられるんだろう
I'll be there 会える日まで
この命をかけぬけてゆくから

浴びて、爱を浴びて
仆はここに立っていられるんだろう
I'll be there 会える日まで
そこから见てて欲しい *2